ニュースリリース

「DAIKENグループレポート2016」を発行 〜当社グループが目指すビジョン・事業戦略とCSRに関する取り組みを紹介〜

2016年07月01日

大建工業株式会社(大阪市北区堂島、社長:億田正則)は、当社グループが目指すビジョン及び事業戦略、2015年度の事業概況、環境・社会・ガバナンスなどのCSRに関する取り組みをまとめた「DAIKENグループレポート2016」を発行いたしました。
 本レポートを、お客様をはじめとするステークホルダーの皆様とのコミュニケーションツールとして、幅広く活用してまいります。

■背景

これまで当社グループは、環境配慮に関する社会的な要請を踏まえ、2003年から「環境報告書」を発行。その後、環境だけでなく、社会的責任を含めた報告書として、2006年から「社会・環境報告書」、2008年からは「CSR報告書」として発行してまいりました。
 一方で近年は、財務情報と環境・社会・ガバナンスなどの非財務情報を統合した情報開示を求める機運が高まっています。
 このような状況の中、お客様をはじめ、取引先、株主・投資家など、幅広いステークホルダーに当社グループの事業戦略やCSRに関する取り組みをご理解いただくため、従来のCSR報告書の要素に財務情報、事業戦略との連動を追加。さらにガバナンスに関する内容を充実させ、「DAIKENグループレポート2016」として編集、発刊することといたしました。

■「DAIKENコーポレートレポート2016」の概要

<会社の全体像> トップメッセージ/価値創造プロセス/財務・非財務ハイライト
<ビジョンと戦略>
  • 長期ビジョン『GP25』/中期経営計画
  • トップインタビュー
  • 特集1:サステイナブル社会の実現
    〜フロア用基材のエコ化への挑戦
  • 特集2:木材の総合利用とカスケード利用の促進
    〜独自技術で国産材の公共施設展開に挑む
<事業別概況>
  • 住空間事業、エコ事業、エンジニアリング事業
    〜2015年度実績・概況及び2016年度の見通し・戦略
  • お客様への接点強化
    〜ショールーム拡充によるお客様や市場への提案・情報発信を強化
<CSR>
  • DAIKENグループのCSR
  • ガバナンス(Governance)、社会(Social)、環境(Environment)に関する取り組み
  • 中期CSR活動計画の取り組み状況および重点課題
    〜2015年度の実績及び2016〜2018年度の計画
<会社情報> 取締役および監査役/会社概要/株式情報

■「DAIKENグループレポート2016」(冊子版)発行内容

形態 A4版42ページ、日本語
発行日 2016年7月1日

当社ホームページ「資料請求」より申込みいただけます。
https://www.daiken.jp/support/form/catalog_housing.html

PDF版のダウンロード
https://www.daiken.jp/company/csr/pdf/

※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。