ニュースリリース

リフォーム向け製品のラインアップを拡充 〜リフォーム向け製品のラインアップを拡充〜

2016年06月07日

大建工業株式会社(大阪市北区堂島、社長:億田正則)は、釘や接着剤を使わずに既存の床の上に置いて吸着させるだけで施工でき、エンドユーザーの皆さまでもお取り扱いいただける、住宅向けリフォーム用床材「吸着フローリング」を発売いたしました。

【背景】

我が国では2008年をピークに総人口が減少に転じており、今後は新設住宅着工戸数の減少や建設技術者の高齢化・減少などが見込まれておりますが、リフォーム市場については中古住宅流通を含めた需要の伸びが期待されております。当社では2016年4月よりスタートした3ヵ年の中期経営計画「GP25 1st Stage」にて、「住宅リフォーム市場」を拡大市場の1つとして捉え、工期短縮やトータルコストのダウンにつながる省施工製品の開発強化に取り組んでおります。
この度発売した「吸着フローリング」は、従来のフローリングとは異なり、カッターナイフなどでカットすることができ、釘や接着剤を使用せずに既存の床の上に置いて吸着させるだけの簡単施工を可能にした床材です。また、既存の木質フローリング(※)や、クッションフロア上に吸着させる施工方法であり、原状回復も容易なため、持ち家や集合住宅のリフォームに限らず、賃貸物件にお住まいのエンドユーザーの皆さまにもお取り扱いいただける製品となっております。

【製品の特長】

1.業界初の吸着施工の床材。簡単に静かに、短い工期で施工が可能です。

「吸着フローリング」は建築業界で初めてフロア基材と吸着材を組み合わせた、厚さ4mmのリフォーム専用床材です。一般的な製品は、釘や接着剤を使用して床材を下地に固定しておりますが、「吸着フローリング」は、裏面の透明フィルムを剥がして上から手で全体を押さえるだけで、吸着面が下地に固定されるため、一般の方でも簡単に施工が行えます。また、製品のカットはカッターナイフなどで容易に行えますので、施工中に大きな騒音を発生させることもありません。

裏面吸着加工

2.貼り替えや原状回復が容易。

実(さね)がない形状で、下地への釘打ちや接着剤の塗布がないため、1枚単位での貼り替えや施工前の状態への原状回復が容易に行えます。また、製品寸法は150mm×900mmと非常にコンパクトで、梱包重量は約6kg/梱(1.62㎡)と、持ち運びも楽に行えます。

1枚単位の施工も可能です

3.機能性プラスでお手入れも簡単。

食器などの落下傷、家具の引きずり傷などに強く、キャスター付きのイスや車イスの使用も可能。ワックスによる艶出し・保護の必要もなく、施工後のお手入れも簡単です。

4.広幅150mmで人気の銘木柄・4柄5色をラインアップ。

空間の広がりや高級感を演出できる幅広150mmにて、人気のアッシュ柄・1色、ウォールナット柄・2色、チェリー柄1色、バーチ柄1色をラインアップしました。

<アッシュ柄(スーパーペール)>

<ウォールナット柄(ライト)>

<ウォールナット柄(ダーク)>

<チェリー柄>

<バーチ柄>

【主な製品仕様】

製品名 吸着フローリング
製品寸法 4mm厚さ、150mm×900mm
基材 特殊MDF
表面 特殊オレフィンシート
裏面 PVCシート+不織布付き吸着材
価格 12,000円/梱、12枚(1.62㎡)入り

※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。