ニュースリリース

観光施設向け展示会 『国際ホテル・レストランショー』 に初出展!

2016年01月27日

観光施設向け展示会 『国際ホテル・レストランショー』 に初出展!
〜高級ホテル・旅館向けのラグジュアリー内装空間をご紹介〜

大建工業株式会社(大阪市北区堂島、社長:億田正則)は、2月16日(火)から19日(金)の4日間、東京ビッグサイトで開催される、観光施設業界に特化した展示会「国際ホテル・レストランショー」に初出展いたします。
当社展示では、高級ホテルや旅館を想定した空間展示を行い、公共商業施設向けの高強度床材「デザインタフ エンブ」や、機械すき和紙製の畳おもて「ダイケン健やかおもて」などをご紹介いたします。

■【当社の主な出展品】
(1)ホテル向け床材「コミュニケーションタフ 防音」(2016年春 発売予定)

階下への「防音性能」と土足歩行に対する「耐久性」を両立したホテル向けの木質床材です。
天然木の広巾デザインが上質な空間を演出します。
総厚15.5㎜で、下地の防音対策が不要のため、天井高が確保でき、カーペットとの貼り分けも容易です。
(2)商業施設向け床材「デザインタフ エンブ」総厚僅か4.7㎜の天然木床材です。PVCタイルやカーペットと連続施工が可能な薄厚タイプですが、傷や汚れに対する耐久性と、高いメンテナンス性を確保。
深みのある木目と広巾デザインが高級感を演出します。
(3)機械すき和紙製「ダイケン健やかおもて」当社独自の機械すき和紙を原材料とした畳おもては、汚れや色あせに強く、優れた耐久性とメンテナンス性を有しています。和紙製ならではの豊富なカラーとデザインで、和洋様々な空間を魅力的に演出。今回の展示では、2015年10月新製品の 小波(さざなみ) 柄をご紹介します。


■【展示監修】

今回の展示は、建築、商業空間、エキシビジョンなど、公共商業空間設計において多数の実績がある『たしろまさふみ氏』の監修を受けております。

□たしろ まさふみ氏 <たしろまさふみDESIGN ROOM 代表>
ANAクラウンプラザホテルOSAKA、UNIQLOメガストア、MEILO HOTEL、など、数々の建築設計プロジョエクトに参加。




■【背景】
現在、日本では訪日外国人観光客の増加などを背景に、慢性的な宿泊施設の不足が懸念されています。特に首都圏においては、2020年に開催される東京五輪での宿泊需要も見込まれることから、ホテルの新築・建て替えが活発化しており、この動きは今後も継続すると予測されます。
また、日本文化がPRでき、外国人観光客に人気の「和室」を整備する宿泊施設は年々増加し、当社における今下期(2015年10月〜12月の月平均)のホテル・旅館への「畳おもて」販売量は、上期比(2015年4月〜9月の月平均)で1.5倍となり、好調に推移しております。
公共商業建築分野への取組み強化を方針に掲げている当社では、展示会等へ積極的に出展することで、市場での認知度向上を図るとともに、新たな取引先様とのつながりや、今後の新製品に活かす情報収集に努めてまいります。


■【「国際ホテル・レストランショー」について】
一般社団法人日本能率協会をはじめ合計5つの協会団体が主催し、今回で44回目を迎える大規模展示会。700を超える企業が集結して、『ホスピタリティ産業の新たな市場開拓に挑戦する』をテーマに、観光施設向け製品やサービスなどをご紹介します。
<開催概要>
・会場東京ビッグサイト 東4・5・6ホール  ※当社出展は東5ホール ブース番号5-R01
・期間2月16日(火)〜19日(金) 10:00〜17:00(最終日のみ16:30)
・入場料3,000円(招待券 または Web事前登録で無料)


   尚、「フードケータリングショー」と「厨房設備機器展」が、同会場にて同時開催されます。
(昨年の状況 = 3会場合計の来場者数:54,663名、参加企業:759社。)
※詳細は案内webサイトをご覧ください。→( http://www.jma.or.jp/hcj/jp/ )



※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。