MENU

ニュースリリース

今秋“70周年記念新製品”を発売

2015/08/17

今秋“70周年記念新製品”を発売
〜全製品の8割超を刷新し、DAIKENの技術により新たな価値を提案〜

大建工業株式会社(大阪市北区堂島、社長:億田正則)は、本年9月26日に創立70周年を迎えます。第二次世界大戦の終戦直後に創立したDAIKEN。戦後復興に始まり、高度成長時代、オイルショック、空前のバブル景気とその崩壊、環境志向の高まり、そして大震災。この70年、DAIKENは大きく変化し、多様化していくニーズをいち早く捉え、あくなき探求心とそれを支える高い技術力で業界に先駆けた素材、製品を開発してきました。そのDAIKENが新たな歴史への挑戦として、お客様に新しい価値を提供するため、2015年度のさまざまな新製品を10月21日に発売します。今回発売する“70周年記念新製品”は、節目の年にふさわしい、これまでに無い大規模なもので、全カタログ製品の8割以上(品番ベース、約10万品番を入れ替え)を一気に刷新。デザイン、機能、品質をさらに強化した製品や、世代に合わせた暮らし方の提案など、お客様に新たな価値を提供してまいります。また、新製品のコンセプトやエッセンスをまとめた「70周年記念新製品ダイジェストカタログ」発刊(8月21日予定)を皮切りに、10月21日の本発売に向け、お客様への提案活動を開始してまいります。なお、個別の新製品の詳細情報については、今後、本発売に向け、順次リリースしてまいります。DAIKENからの新たな価値の提案にどうぞご期待ください。

■新製品の4つのポイント

1.hapia(ハピア)シリーズのさらなる強化 
2013年5月に新シリーズとして発売以来、室内ドア、収納、床材、階段、造作部材等、住宅の内装建材をトータルコーディネートできるとご好評いただいているhapia(ハピア)シリーズを全面的に刷新。高機能化、新しいデザインや色柄の追加はもちろんのこと、コーディネートの自由度を高めることにより、さらにお選びいただきやすいシリーズへと強化を図ります。

2.将来を考えた住まいづくり提案 〜「備える思想」の提案〜
これから来る新しい暮らしを想像し、将来の住まいづくりを考える「備える思想」で、世代に合わせた暮らし方を提案してまいります。一次取得者層の方々には、子供の成長に備えたり、家事をラクにして家族との時間を大切にする“はじめての住まいづくり”を、また、アクティブシニア層(60歳前後)の方々には、いまの暮らしを愉しみながら、ずっと快適で安心な暮らしを“備えるリモデル”として提案してまいります。

3.かんたんリモデル
エンドユーザーやプロユーザーがかかえるリフォームに関する問題を解決するために、早く、きれいに、コストに配慮した新製品“かんたんリモデル”シリーズを発売します。また、これら“かんたんリモデル”製品の拡充により、メーカーとして、昨今、社会問題として取り上げられている建設作業者の不足にも貢献できる製品を積極的に提案してまいります。

4.美を極めた床材“Trinity(トリニティ)”〜業界初の技術〜
“Trinity(トリニティ)”とは、“三位一体”の意味。デザイン、品質、技術の3つの要素を高いレベルで兼ね備えた業界初の特殊加工シート床材を今回の注目の新製品として発売します。

■「70周年記念新製品ダイジェストカタログ『70th Anniversary Products』」
(表紙、カテゴリー紹介ページ)



■70周年記念新製品発売スケジュール

   8月21日 「70周年記念新製品ダイジェストカタログ『70th Anniversary Products』」発刊

   9月中旬  「総合カタログ」発刊

   9月26日  当社創立記念日

  10月21日 新製品発売日

※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。