MENU CLOSE

ニュースリリース

岡山大建工業が中国運輸局より運輸部門における環境保全の功労者表彰を受賞

2014年12月03日

中国運輸局より運輸部門における環境保全の功労者表彰を受賞
岡山大建工業 積極的なモーダルシフトへの取り組みで
 
このたび、大建工業株式会社(大阪府大阪市、社長:億田正則)の製造子会社である岡山大建工業株式会社(岡山県岡山市、社長:正本繁三)は、運輸部門における環境保全の取り組みに尽力し、その功績が顕著であると認められる事業者として、国土交通省・中国運輸局長による功労者表彰を受賞しました。
受賞の理由は、積極的なモーダルシフト※への取り組みが、CO2排出量の削減へ寄与したと認められたためです。
 ※モーダルシフト・・・貨物輸送をトラック輸送から、大量輸送機関である鉄道コンテナ輸送または海運輸送に転換すること。CO2排出量の削減による環境負荷の低減を図るものです。

表彰式の様子

岡山大建工業では、地球温暖化防止の観点から、物流のモーダルシフトに積極的に取り組んでおり、岡山大建工業で製造し全国へ供給する火山性ガラス質複層板「ダイライト」※など、比較的比重の高い製品を中心にトラック輸送から鉄道コンテナ輸送への切り替えを進めてまいりました。今回の受賞は、2011年から2013年の3ヵ年における長距離鉄道コンテナ輸送(輸送距離が500kmを超えるもの)が、初年度を基準に約1万トン増加(初年度比で26%増加)し、モーダルシフトが大幅に進んだことを、評価いただいたものです。
※ダイライト・・・スラグウールと火山灰シラスを原材料とする無機パネル。防・耐火、軽量、高強度、防犠牲などの特徴を活かして、木造住宅の耐力面材や不燃壁材などに使用されています。


岡山大建工業をはじめ、DAIKENグループ各社では、今後も地球温暖化防止のためのCO2排出量削減等に積極的に取り組んでまいります。