MENU CLOSE

ニュースリリース

富山県産スギを活用した不燃壁材が北陸新幹線・富山駅内装に採用決定

2014年05月21日

富山県産スギを活用した不燃壁材が北陸新幹線・富山駅内装に採用決定
富山の木をPRし県産材の活用促進に

大建工業株式会社(本社:大阪市、本店:富山県南砺市、社長:億田 正則)は、富山県産木材の公共施設等への利用を促進する目的で、富山県農林水産総合技術センター木材研究所(富山市、以後「富山県木材研究所」)と共同開発を行なっています。
このたび、共同開発による富山県産スギ材を活用した不燃アルミ壁材が、平成26年度末までに開業が予定されている北陸新幹線・富山駅の内装壁面へ採用されることが決定しましたのでお知らせいたします。

【背景】
日本各地にある戦後の人工林は、資源として利用可能な時期を迎えているにもかかわらず、林業の低迷・担い手の減少により荒廃し、森の持つ多くの機能が低下しています。こうした社会的背景をもとに、木材の積極利用による二酸化炭素の吸収源である森林の整備と、木材自給率の向上を目的とした、「公共建築物等木材利用促進法」が2010年施行されました。富山県でも、同法の施行を受け「富山県公共建築物等木材利用推進方針」を策定、率先して公共建築物に県産材を活用する取り組みを進めています。
富山県の山林材を活用した木材加工業を創業とする当社は、県内林産業の再生、森林の整備に貢献したいとの思いから、2012年6月、富山県木材研究所と共同で富山県産木材を活用した公共施設向け内装建材の開発に着手しました。共同開発により、スギ材特有の材の欠点などの課題を克服し不燃アルミ壁材を開発、このほど、現在建設中の北陸新幹線・富山駅構内の内装に採用されることが決定しました。
富山県の新たな玄関口となる北陸新幹線・富山駅改札口付近に、富山県産スギ材を活用した意匠性の高い壁材を設置することで、富山県の木をPRし、県産材の活用促進に貢献したい考えです。

【開発製品について】
・富山県産スギ不燃アルミ壁材
富山県産スギ材の突板を、アルミニウム基材にラッピングした下見板風の不燃アルミ壁材。
不燃認定を取得しているため、公共施設などの不燃指定部位において壁材として使用いただけます。
 

不燃アルミ壁材
(写真は3枚分)

北陸新幹線・富山駅施工予定箇所(新幹線改札付近)イメージ
[独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構提供]

当社は、県内公共施設等での県産材の活用促進に貢献するため、不燃パネルの公共施設への採用活動を継続するとともに、オフィスファニチャーや床材など他建材についても富山県木材研究所との共同開発を継続してまいります。

※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。