ニュースリリース

「DAIKEN札幌ショールーム」をリニューアルオープン

2013年09月30日

実験コーナーの新設で「性能体感」、「納得」できるショールームへ

大建工業株式会社(大阪市北区堂島、社長:澤木良次)は、※DAIKEN札幌ショールーム(札幌市中央区)をリニューアルオープンいたしました。
(※札幌ショールームは、「TOTO・DAIKENの2社コラボレーションショールーム」です)
畳の撥水性能をはじめ、汚れに強い床材の性能などが確認できる各種実験コーナーや、ドア開閉の体感コーナーを新設。製品の機能や性能を楽しくご体感いただき、より充実した製品展示で、快適な暮らしをご提案いたします。

【背景とねらい】
消費増税を見越した駆け込み需要等による新築住宅の増加や、高まるリフォーム需要を背景に、DAIKEN札幌ショールームの来館者数は、年々増加する傾向にあります。
今回、各種実験コーナーなどを新設することで、より多くの方々に楽しくショールームをご見学いただくと同時に、建材の持つ機能や性能をよりわかりやすくご理解いただける展示へとリニューアルいたしました。
畳の「撥水性能」や、床材の「汚れに強い性能」などを実際にご体感いただき、ご来場の皆様が納得して製品をお選びいただける、体感型ショールームを目指します。

【リニューアルのポイント】
(1)各種実験コーナーの新設
 実験1:「吸音、残響音の体感」 2つのボックス内でカスタネットをたたき、音の違いを確認
 実験2:「日焼けに強い畳を体感」 日に焼けて色が変わる畳と、変わらない畳の比較
 実験3:「傷に強い畳を体感」 畳を棒で引っかいて、表面の強さを体感
 実験4:「畳の撥水性能を体感」 霧吹きで水をかけたら、畳の表面はどうなるか
 実験5:「床の引っかき傷体感」 スリッパで擦られた床は傷がつくのか
 実験6:「床のキャスター傷体感」 当社の床材は本当にキャスターに耐えられるか
 実験7:「床汚れ、シミの体感」 油性マジックの落書きが消しゴムで消えるのか


畳や床材の実験コーナー

吸音、残響音の実験コーナー

(2)ドア・引戸の機能体感スペースの新設
「ドアのレバーハンドル性能」:荷物で両手がふさがった状態を想定し、実際に肘を使ってドアを開けていただきます。
「引戸のラクラクローズ機能」:走行性と閉めた時の音の違いをご確認いただけます。

(3)防音室のリニューアル
窓を増設することで、明るく開放感のある空間にリニューアル。壁材の一部も入れ替えを行い、装い新たな防音室となりました。

【DAIKEN札幌ショールーム概要】
1.住所:〒060-0031
  北海道札幌市中央区北1条東7丁目1-8
  TEL.011-207-4440 FAX.011-207-4448
2.開館時間:10:00〜17:00
3.休館日:水曜日・夏期休暇・年末年始
  ※水曜日が祝祭日の場合は、開館致します。
4.面積:展示面積約90坪(約300m2)