MENU CLOSE

ニュースリリース

サステイナビリティに向けた企業経営において良好な取組・情報開示と評価

2013年09月18日

住宅設備・建材メーカーで初 SMBCサステイナビリティ評価融資制度を利用
サステイナビリティに向けた企業経営において良好な取組・情報開示と評価

このたび、大建工業株式会社(社長:澤木良次)は、住宅設備・建材メーカーとしては初めて、株式会社三井住友銀行(頭取:國部 毅)の「SMBCサステイナビリティ評価融資」制度を利用し、サステイナビリティに向けた企業経営において「良好なESG側面の取組と情報開示を実施」しているとの評価を受けましたのでお知らせいたします。

【「SMBCサステイナビリティ評価融資」制度について】
「SMBCサステイナビリティ評価融資」は、株式会社三井住友銀行と株式会社日本総合研究所(代表取締役社長:藤井 順輔)が作成した独自の評価基準に基づき企業のESG(※1)側面の情報開示とサステイナビリティ(※2)への取組みなどを評価し、評価結果に応じた融資条件の設定を行うとともに、取組みや情報開示の適切さについての現状分析、今後の課題、課題への取組事例などが還元される融資商品です。
今回実施された当社への評価結果は、「環境マネジメント」、「事業活動における環境負荷削減の取組(気候変動)」、「顧客に対する誠実さ」において高い水準であると判断され、サステイナビリティに向けた企業経営において、良好なESG側面の取組と情報開示を実施しているとの高い評価になりました。

【特に評価された点】
1. 木質資源・未利用資源の有効活用を促進するため、中期経営計画の中で「エコ事業」(※3)を軸に売上を拡大する姿勢を掲げるなど、環境保全の取組と経営計画を統合している点
2. 事業活動における温室効果ガス排出量削減対策として、木くずや木材チップ等を燃料とするバイオマスエネルギーを積極的に導入している点
3. 安全性・品質確保を中心とした多様な消費者への配慮や製品の安定供給等、顧客に対する取組を充実している点

DAIKENグループは、お客様や社会から支持される企業として継続的に発展するため、環境配慮型製品の拡大、顧客・消費者とのコミュニケーションの推進、ガバナンス体制強化など、環境、社会、経営の3つの分野における活動および適切な情報開示に積極的に取り組んでまいります。
 
*DAIKENグループのCSR活動の詳細については、ホームページでご紹介しています。
「CSR関連情報ページ」をご覧ください。


※1 ESGとは
ESGとは環境(Environmental)、社会(Social)、企業統治(Corporate Governance)の頭文字を取ったもの。いずれの側面も企業が事業活動を展開するにあたって配慮や責任を求められる重要課題として考えられています。

※2 サステイナビリティとは
サステイナビリティ(sustainability)とは、「持続可能性」を意味する英語であり、地球社会から企業活動まで、様々な状況において使用される用語。一般的に、企業のサステイナビリティというとき、地球環境や社会の持続的な発展に貢献しつつ、その上で自社が社会に認められ長期的に繁栄するために不可欠な企業の取組を指します。

※3 エコ事業とは
建築解体時の廃木材、製材端材や製鉄時の副産物であるスラグ、またシラス(火山灰)など、再生資源や未利用資源を有効活用した、環境配慮型の「エコ素材」を製造・販売するDAIKENグループのコア事業。
 
インシュレーションボード(畳床)
ダイライト(外壁下地材)
バイオマスボイラー(岡山大建工業)