ニュースリリース

マンション用直張防音床材「オトユカアートIII DX SF45」に大理石柄を追加発売

2013年08月19日

マンション用直張防音床材「オトユカアートIII DX SF45」に大理石柄を追加発売
〜マンションリフォーム時の床材(直張)にもモダンで上質な大理石柄を採用可能に〜

大建工業株式会社(大阪市北区堂島、社長:澤木良次)は、マンション用直張防音床材・オトユカシリーズ「オトユカアートIII DX SF45」に、当社のマンション用直張防音床材としては初めてとなる大理石柄8柄を8月21日(水)より追加発売いたします。

【発売意図】
マンションやアパートなどの集合住宅では、騒音トラブルを防ぐため階下への音の配慮が必要とされます。当社のオトユカシリーズは、集合住宅において好ましいとされる防音性能を備え(軽量床衝撃音低減性能ΔLL(Ⅰ)−4以上)、マンションの新築、リフォームの際にお役立ていただいています。
一方で、現在は木目柄のみのラインアップであるのに対し、当社ショールームへお越しになるお客様などから、意匠性の高い大理石柄をラインアップに加えて欲しいとのご要望を多数お寄せいただいています。このたび、<ホワイトオニキス柄>、<グレイッシュセルベ柄>など人気の大理石柄8柄を追加し、マンションにお住まいのお施主様によるリフォームなどにおける、より高意匠な直張防音床材へのニーズに対応いたします。

【主な特徴】

1.高級感のある大理石の風合い
艶やかな表面化粧で、高級感のある大理石の風合いを再現しました。モダンな印象を与えるデザインで、一層の高級感を演出しています。

2. 階下への音を軽減する防音床材
「オトユカアートIII DX SF45」は、軽量床衝撃音低減性能ΔLL(Ⅰ)−4(日本建築学会遮音性能基準の軽量床衝撃音1級)をクリア。集合住宅において好ましいとされる防音性能を備えています。

3.お手入れ簡単、床暖房にも対応
汚れにつよく、ワックスがけが不要です。簡単なお手入れで美しさを長持ちさせることができます。また、床暖房の仕上げ材としてもご利用可能です。

ディペスコホワイト柄


エンペラドールダーク柄

【主な仕様】
色 柄: ホワイトオニキス柄、グレイッシュセルベ柄、ビアンコ柄、セルベジャンテ柄、
ネロマルキーナ柄、フィオリートベージュ柄、ディペスコホワイト柄、エンペラドールダーク柄
サイズ: 13.8mm厚さ、147×905 mm
基 材: 樹脂含浸シート張り裏溝加工合板
表 面: 特殊オレフィンシート、UV抗菌耐磨耗ファインコート仕上げ
裏 面: 両面フラットウレタン系樹脂発泡体二層タイプ
価 格: 税別54,000円/梱(24枚入り・3.19m2)
防音等級: 軽量床衝撃音低減性能ΔLL(Ⅰ)−4

【販売目標】 年間 5億円 (2014年度)
    ※オトユカアートIII DX SF45シリーズ全体での目標です。
      同シリーズには、今回(8月21日)発売の大理石柄8柄のほか、メープル柄、オーク柄、チェリー柄など、銘木柄8柄を今年5月より発売しています。


※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。