ニュースリリース

DAIKENグループ『CSR報告書2013』を発行

2013年08月05日

DAIKENグループ『CSR報告書2013』を発行

大建工業(大阪市北区堂島、社長:澤木良次)は、2012年度(2012年4月〜2013年3月)におけるDAIKENグループのCSR活動全般をまとめた「CSR報告書2013」を発行しました。(A4版、全28ページ、5,000部発行)

本報告書発行の目的は、お客様や取引先、株主・投資家などより多くのステークホルダーの皆様に、当社グループのCSR(企業の社会的責任)に対する考え方・取り組みについてご理解いただくこと。
特に今年度版については、“DAIKENらしさ”をより明確にお伝えすることをテーマに、2つの特集企画を通じて当社グループがコミットする社会の課題(地球温暖化、森林荒廃、高齢化社会、畳文化の継承)と、その取り組みを紹介しています。1つはエコ素材や木の循環利用、国産材活用の取り組みを取り上げた“地球にやさしいモノづくり”。もう1つは、高齢者住宅・施設向け建材「おもいやりシリーズ」と機械抄和紙を原材料とした畳おもて「健やかおもて」をCSRの観点から取り上げた“人にやさしいモノづくり”です。
また、昨年度のCSR活動報告として、お客様、地域社会、従業員、マネジメント、地球環境の5つに章立てして具体的な活動事例や数値データを交え紹介するとともに、巻末にはCSR活動全般の進捗状況を一覧表にして掲載するなど、全体像が把握できる構成としました。
なお、より詳細な活動報告・データを掲載した「CSRサイト」は、当社ホームページ内にて8月中の公開を予定しております。

これからもDAIKENグループは、経営理念『人と空間・環境の調和をテーマに顧客本位の経営を行う』のもと、お客様や社会から支持される企業として継続的な発展を目指すとともに、持続可能な社会づくりに貢献していきます。

■「CSR報告書2013」のダウンロード(PDF 8.6MB)

■「CSR報告書2013」をご希望の場合は、当社ウェブサイト・資料請求ページより申し込みください。