ニュースリリース

和紙畳おもて「ダイケン健やかおもて」のラインアップを拡充

2013年06月18日

和紙畳おもて「ダイケン健やかおもて」のラインアップを拡充
へりあり畳で従来に比べ低コストでトレンドのカラー畳を採用可能に
〜和紙原材料ならではのデザイン性訴求強化で普及はかる〜

大建工業株式会社(大阪市北区、社長:澤木良次)は、カビ・色あせ・汚れに強いなど優れたメンテナンス性や、豊富なカラーバリエーションがご好評をいただいている、機械抄き和紙を原材料とする畳おもて「ダイケン健やかおもて」のラインアップを拡充、6月より発売しています。
定番のへりあり畳におすすめの「銀白」シリーズに、洋室空間とのコーディネートがしやすいカラー品5色を追加。また、洗練されたへりなし畳におすすめの「清流」シリーズからは、モダンなデザインで高級感を演出する「清流ストライプ(目積)」3色を発売しています。
和紙原材料ならではのデザイン性を訴求強化し、和紙畳おもての魅力を消費者に伝えることで「ダイケン健やかおもて」のさらなる普及、畳需要の維持・活性化、そこから日本の伝統的な畳文化の継承に貢献したい考えです。

清流ストライプ栗色×胡桃色

【背 景】
住宅市場においては、伝統的な「和室」を設けない仕様が増加する一方で、リビングの一角に畳コーナーを設けたり、リビングに隣接するクロスで仕上げたモダン和室のような「新しい和風空間」が、トレンドの一つとなっています。また、ホテルや旅館、飲食店舗など非住宅の市場においては、伝統的な和室空間からよりモダンなイメージの和空間まで幅広い重要があり、そこでは美観の長持ち、手入れの容易さなどメンテナンス性が求められています。
当社は1996年、イ草に代わる天然材料として機械抄き和紙を原材料とする畳おもてを開発。この和紙畳おもては、イ草と変わらぬ調湿性と触感を有しながら、カビ・色あせ・汚れに強いなど優れたメンテナンス性が特長です。また、和紙原材料ならではの豊富なカラーバリエーションが魅力であり、リビングなど住宅の洋室の内装ともコーディネートがしやすく、店舗などでの現代的な内装デザインにも対応可能です。このように機能やデザイン面で現代のニーズに対応する点が市場から評価され、「ダイケン健やかおもて」の販売量は拡大しています。

【発売意図】
1.「銀白」カラー品を追加発売
へりあり畳で従来に比べ低コストにトレンドのカラー畳を採用可能
このたび、定番のへりあり畳におすすめの「銀白」シリーズに、乳白色、栗色、灰桜色、白茶色、胡桃色の5色のカラー品を追加します。従来、へりなし畳におすすめの「清流」シリーズのみカラー品をご用意していましたが、より低コストで施工が可能なへりあり畳でも、「ダイケン健やかおもて」ならではの個性的な色合いの畳をお楽しみいただけるようになります。
よりお手軽に和紙畳おもての魅力であるトレンドのカラー畳をご利用いただけることで、「ダイケン健やかおもて」のますますの普及につなげたい考えです。

銀白カラー品同系色縁(へり)で近年のトレンドであるへりなし畳風に
「銀白」シリーズに新たに追加されるカラー品にあわせ、同系色のへりの取り扱いを開始します。畳おもてのカラーと同系色の専用縁を用いることで、近年のトレンドであるへりなし畳のようなおしゃれな空間を作り出します。

銀白カラー品と同系色縁のラインアップ
※従来の「銀白」

2.「清流ストライプ(目積)」
今までにないモダンなデザインが高級感を演出
洗練された印象のへりなし畳におすすめの「清流」シリーズからは、モダンなデザインで高級感を演出する「清流ストライプ(目積)」を新たに発売。モダンなインテリアイメージはそのままに、畳を取り入れたいというこだわりのお施主様にお役立ていただけます。
灰桜色×白茶色、栗色×胡桃色、乳白色×白茶色 の3色のラインアップです。

和紙原材料ならではのデザイン性を生かした提案力強化で、和紙畳おもての魅力を消費者やホテル・旅館、店舗の事業主等に訴求し、「ダイケン健やかおもて」のさらなる普及を目指します。また、そこから畳需要の維持・活性化、日本の伝統的な畳文化の継承に貢献したい考えです。

【標準価格(畳おもて+畳床の合計金額)】
 銀白カラー     25,000円/畳(税別)
  ※畳床にダイケン健やか畳床2000ECOを使用した関東間(880×1,760mm)の場合
 清流ストライプ   28,500円/枚(税別)
  ※畳床にダイケン健やか畳床2000ECOを使用した関東間半帖タイプ(880×880mm)の場合

【発売日】6月3日

【販売目標】
 2014年度に年間10万帖の販売量増加をめざします。(2012年度の出荷量は約100万帖/年)

【お問合せ先】
大建工業株式会社 畳材部
 東部営業課 03−6271−7791 (東京)
 西部営業課 06−6452−6180 (大阪)




※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。