MENU CLOSE

ニュースリリース

「ダイケン健やかおもて(会津製品)」 会津が誇るブランド「会津 史・季・彩・再」の認定取得

2013年05月07日

機械抄和紙表「ダイケン健やかおもて(会津工場製品)」 会津が誇るブランド「会津 史・季・彩・再」の認定を取得
〜会津の魅力とともに和紙を使った畳おもての普及を図る〜

大建工業株式会社(大阪市北区堂島、社長:澤木良次)の生産子会社である東部大建工業株式会社・会津工場(福島県会津若松市)は、同工場で生産する機械抄和紙表「ダイケン健やかおもて」について、福島県会津地域が全国に誇る優れた地域産品のみを認定するブランド「会津 史・季・彩・再」の認定を取得しました。
「ダイケン健やかおもて(会津工場製品)」は、機械抄和紙を原料に用い、イ草と比べて変色や汚れに強く、カビやダニが発生しにくいなどメンテナンス性に優れる畳おもてです。会津地域産品としてその魅力を全国に発信することで、歴史と伝統に培われた会津地域の魅力を広めるとともに、日本の伝統的な畳文化の継承に貢献したい考えです。
 
【会津ブランド「会津 史・季・彩・再」について】

会津らしい地域イメージ(自然と伝統)の産品であり、会津の優れた
素材や技術等を生かした地域産品を会津若松商工会議所が審査、認定
するもの。会津が誇る優れたものを全国に発信し、会津のすばらしさ
を伝え、地域の産業振興と活性化を図る目的です。
「会津 史・季・彩・再」には、“会津は古い歴史と四季の美しさ、
さらに祭り、温泉などの華やかさ、不思議な魅力を持ち、再び訪れ
たくなるまち”との意味が込められています。
【機械抄和紙表「ダイケン健やかおもて」について】

・和紙原料の畳おもての特長
「ダイケン健やかおもて」は、機械抄和紙を原料に用いた畳おもてです。天然イ草に近い風合いを保ちながら、変色(日焼け)や汚れに強く、カビやダニが発生しにくいなどメンテナンス性に優れています。また、和紙ならではの多彩なカラーバリエーションで、床材とのコーディネートなどお好みの空間づくりにお役立ていただけます。

・不足が懸念されるイ草に代わり日本の伝統文化を継承
畳おもての原料であるイ草の主な産地である中国において、イ草の畑が商業用地に転用されるなど、生産量は年々減少しています。イ草に代わる畳おもてとして安定的な供給を行なうことで、日本の伝統的な畳文化の継承に貢献したい考えです。
 

豊富なカラーで個性的な印象の部屋作りが可能。