ニュースリリース

中国(浙江省)の子会社で中国向け室内ドアの生産能力を倍増

2012年07月30日

中国(浙江省)の子会社で中国向け室内ドアの生産能力を倍増

大建工業株式会社(大阪市北区堂島、社長:澤木良次)は、室内ドアや床材などを生産する子会社、大建工業(寧波(にんぽー))有限公司(中国浙江省余姚市)の設備を増強し、室内ドア生産能力の倍増を図ります。

現在、寧波工場では室内ドア・収納・床材などを生産し、日本向けおよび中国国内向けに供給しています。今後、中国国内向けの室内ドア供給量拡大を図るため、約1億円を投資して設備を増強、生産能力の強化により、売上拡大を目指します。
寧波工場における現在の室内ドア生産能力は年間約9万5千本ですが、設備投資後は年間約18万本の生産が可能になり、特に、中国で人気の高い高級タイプの框組(かまちぐみ)ドアの生産能力を大幅に増強し、富裕層をターゲットとした市場の拡大を図ります。また、製造工程の効率化を合わせて実施し、従来の納期からおよそ3分の1へ短縮することにより市場対応力の強化を図ります。
設備の増強は7月を目処に実施し、8月から本格的に生産を開始する計画です。

【会社の概要】
1.社 名:大建工業(寧波)有限公司
2.生産品目:木質住機、内装建材(ドア・造作材・床材など)
3.所在地:中国浙江省余姚市泗門鎮工業開発区
4.設 立:2002年4月
5.董事長:飛田 恵一(大建工業㈱海外事業統轄部 中国総代表)
6.資本金:800万ドル (出資:大建工業株式会社 91% 伊藤忠商事 9%)
7.総投資額 :1,600万ドル
8.工 場:敷地 約50,000m2
 建物 約21,000m2
9.従業員数 :約300人(大建工業からの出向者 7名)