ニュースリリース

DAIKENグループ「CSR報告書2012」を発行

2012年07月11日

大建工業(大阪市北区堂島、社長:澤木良次)は、2011年度(2011年4月〜2012年3月)におけるDAIKENグループのCSR活動全般をまとめた「CSR報告書2012」を発行しました。(A4版、全32ページ、5000部発行)

DAIKENグループでは、CSR(企業の社会的責任)への考え方・取り組みについて、より多くのステークホルダーの皆様にお伝えするため、2008年度からCSR活動に関する報告書を発行しています。(2003年に発行した「環境報告書」から通算すると、今回が10回目の発行となります)
今回発行した冊子「CSR報告書2012」は、重要性が高いと思われるテーマに絞って掲載し、CSR活動における情報を全て網羅したフルレポート版(Web版)は、当社ホームページ内で随時掲載する予定です。

今後もCSR活動をより充実させ、社会からのさらなる信頼向上に努めてまいります。


【「CSR報告書2012」の紙面構成】
1) DAIKENグループのCSR(経営理念を軸に展開する企業行動基準等の紹介)
2) トップメッセージ(震災復興への取り組み、今後の当社の役割と使命)
3) TOPICS(1)「エコ素材の生産・供給を通した社会貢献」
4) TOPICS(2)「地球温暖化防止と木材の循環利用」
5) CSR活動報告
  「お客様」「地域社会」「従業員」「マネジメント」「地球環境」を切り口とした活動紹介
6) CSR活動の取り組み状況(中期CSR活動計画をベースに目標と実績を紹介)


「CSR報告書2012」のダウンロードページ