ニュースリリース

東日本大震災 被災地への対応状況について

2011年04月19日

平成23年3月11日に発生しました東日本大震災の被災地に対する、DAIKENグループの対応状況についてお知らせいたします。

(1)「復興支援室」の設置について
大建工業株式会社(大阪市北区堂島/社長:澤木良次)は、東日本大震災で甚大な被害を受けた被災地の復興支援のため、復興需要への対応に取り組むプロジェクトチームとして、「復興支援室」を仙台に設置いたします。住宅市場・非住宅市場(文教施設、商業施設、病院など)・産業資材市場の各分野のエキスパートをDAIKENグループ内より組織横断的に選抜し、現地での情報収集・被災地への優先的な資材供給や内装工事等に専属で取り組みます。

(2)支援物資について
DAIKENグループは、東日本大震災による被災地の避難所向けの支援物資として、「断熱ボード」を順次お届けしております。現在、宮城県、岩手県、福島県、埼玉県内の避難所など 計30ヶ所にお届けしました。引き続き、各地の自治体と相談の上、避難所へ支援物資をお届けいたします。