ニュースリリース

『スタイリッシュファニチャーMiSEL(ミセル)』を新発売!

2008年02月18日

大建工業(社長:井邉博行)は、暮らしやインテリアなどユーザーの好みに合わせて、リビング空間の収納を機能的かつスタイリッシュにプランニングすることができる『スタイリッシュファニチャー MiSEL(ミセル)』を2月21日から全国発売します。
※MiSEL…MODERN interior SELECT(上質なモダン・インテリア)の頭文字を組み合わせた造語。“魅せる”収納という意味も込められています。

【発売意図】
従来のアナログ放送から地上デジタル放送に移行する2011年を見据え、家電市場では液晶テレビやプラズマテレビなどの薄型・大画面テレビの普及が急速に進んでいます。奥行きスペースを必要とせず壁掛けも可能な薄型・大画面テレビの普及は、今まで以上にテレビをリビングの中心的な存在へと押し上げると同時に、“薄型・大画面テレビと収納をすっきりとコーディネートできるシステム収納”という新たなニーズを生み出しました。
今回、当社が発売します『スタイリッシュファニチャー MiSEL』は、多彩なユニットバリエーションと豊富なサイズバリエーションを揃えたBOXユニットやTVボードを組み合わせることで、手軽に自分だけの収納空間を作ることができるシステム収納です。扉のカラーバリエーションにつきましても、高級感あふれる鏡面タイプやレザー調、木目調など18色をラインナップ。当社リビングドアの主要3シリーズとのコーディネートも可能です。また、安全面や機能面、デザイン面においても様々な配慮・工夫を施しており、単に収納できたら良いという考え方から一歩進んだ、美しく機能的な「魅せる」収納を追求しました。
住まいによって、部屋の間取りや形状、インテリアは実に様々です。一つひとつのユニットをセレクトして組み合わせる『スタイリッシュファニチャー MiSEL』なら、それぞれの空間やライフスタイルに合わせて、薄型・大画面テレビと収納をスタイリッシュにコーディネートすることが可能で、リビングを上質なインテリア空間へと演出します。


【発売品目】 『スタイリッシュファニチャー MiSEL(ミセル)』


【主な特長】
1.TVと収納をすっきりコーディネートできる、多彩なユニットバリエーションと豊富なサイズバリエーションをラインナップ
4タイプのTVボードや、壁掛けTV用と据置TV用の2タイプを揃えたバックパネルなど、AVユニットも豊富にラインナップしております。TVサイズや設置スペースに合わせて、またライフスタイルやインテリアに合わせて、自由にプランニングすることができます。

■基本ユニット・サイズのラインナップ

2.豊富に選べる18色の扉カラーをラインナップ。さらにボックスカラーも2色用意
多様化するユーザーニーズに対応するため、豊富に選べる18色の扉カラーをラインナップ。当社リビングドアの主要3シリーズ(レリーフアートシリーズ、マテリアートシリーズ、RⅢシリーズ)とのコーディネートも可能です。また、アルミフレームにクリアガラスやアクリル系パネルを組み合わせたアルミフレーム扉も3タイプ用意しました。さらに床置ユニットや吊りユニットなどのボックスカラーについても、重厚な落ち着きのある空間を演出するブラックと、壁面に溶け込んだスッキリした印象を与えるホワイトの2色からお選びいただけます。

■扉カラーのラインナップ

3.機能面やデザイン面、安全面において様々な配慮・工夫を施すことで、使いやすさ、美しさ、そして安全性を追求

■ 機能面・デザイン面

  • 扉は、手を掛けやすい掘込み引手を採用。シンプルなデザインなので空間にも美しく溶け込みます。
  • 減速しながらゆっくり閉まり、不快な音や指つめの心配を防ぐ“ラクラクローズ機構”を、開き扉(ウッド扉・高さ600mm以上)にオプション設定。
  • 開けた時の美しさにもこだわり、扉裏も表と同色の仕上げとしました。
  • TVボードには切り欠きを設けているので、収納で一番頭を悩ます配線も、すっきり処理ができます。また、壁掛けTV用バックパネルには、パネル裏側に配線を通す工夫を施しました。
  • TVボードのキャスタータイプには、AV機器をスタイリッシュに収納できるスモーク扉を採用。リモコンも扉を閉じたまま使えます。

■ 安全面

  • 本体が揺れるとフックが自動で扉をロックする耐震ロックを、床置き・吊りユニットの最上部に標準装備。※他の扉はオプション設定
  • 据置TV用バックパネルには、バックパネルとTV本体を繋ぎ止めるワイヤーを同梱しております。


4.オリジナルプランニングソフトを無償提供
パソコンで、簡単・リアルに様々なプランがシミュレーションできる専用ソフトを用意しました。完成イメージは3D画像でより判りやすく確認することができ、正確な寸法も一目でご覧いただけます。
※専用ソフトは、DAIKENホームページ(http://www.daiken.jp/)よりダウンロードできます。


【発売日】  2月21日

【販売目標】 15億円/年


大画面TVを中心に、「魅せる」と「しまう」をバランスよく配置した施工例。
■扉カラーリアル素地仕上げ(うづくり木目調)<ダルブラウン>
■ボックス・据置TV用バックパネルカラー<ブラック>
■セット価格737,730円/セット(高さ1,975×幅3,733mm)(税込)



和の暮らしに合わせた、ローアングルな目線の施工例。
■扉カラー樹脂化粧仕上げ<ネオベージュ>
■ボックス・壁掛け用TVバックパネルカラー<ホワイト>
■セット価格415,905円/セット(高さ1,655×幅3,000mm)(税込)


※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。