ニュースリリース

「社会・環境報告書2007」を発行

2007年09月04日

大建工業(社長:井邉博行)は、2006年度(2006年4月〜2007年3月)における企業活動を総合的にまとめた「社会・環境報告書」を8月に発行しました(A4版、全48ページ、1万部発行)。

DAIKENグループでは、2003年度から「環境報告書」(2002年度活動報告)を毎年発行し、環境活動を中心に情報を開示してまいりましたが、昨年から紙面構成を 【環境報告】と【社会性報告】の二部構成とし、社会的活動のウエイトをより高めた「社会・環境報告書」へとリニューアルいたしました。
「社会・環境報告書」の2号目となる本報告書では、社会性報告の充実を図るとともに、エコ素材の開発・需要創造を通じて、『環境発想のものづくり』を実践してきた当社グループの活動を特集記事として掲載。2006年度の活動と併せて、当社グループの根幹であり、歴史とも言えるエコ素材事業への取り組みを紹介することで、サステナブル(持続可能)社会の実現を目指す当社グループの企業姿勢をより明確に打ち出しております。
なお、「社会・環境報告書 2007」の掲載内容につきましては、9月中旬以降、当社ホームページ(http://www.daiken.jp/)からでもご覧いただけます。


【「社会・環境報告書 2007」の特長】
1)ハイライト(特集記事)として、①火山性ガラス質材料(火山灰)を全く独自の技術で製品化した「ダイライト」の開発ストーリー、②マレーシアでMDFの製造と植林事業を通じて展開する木質資源の保護・有効活用に向けた取り組み、③ユニバーサルデザイン発想のものづくりに向けた取り組みについて、の3本を掲載しています。

2)社会性報告では、“お客様”“従業員”“お取引先”“株主・投資家”“地域社会”の5つの側面から、それぞれの活動状況を分かりやすく掲載しています。
  • お客様とともに :お客様の不安や疑問への対応、「信頼される品質提供」へのこだわりなどを紹介。
  • 従業員とともに :新人事制度や育児支援など、従業員一人ひとりがいきいきと充実して働ける環境づくりに向けた活動を紹介。
  • お取引先とともに:責任ある製品供給と、快適な住まいづくりのための、適正かつサステナブルな資源調達への取り組みを紹介。
  • 株主・投資家とともに:「正確」「公正」「タイムリー」な情報開示に向けた取り組みを紹介。
  • 地域社会とともに:教育活動や防犯活動など、地域社会の皆様との信頼関係を重視した主な社会貢献活動を紹介。

    3)環境報告では、2005年度からスタートした「第二次中期環境計画(2005〜2007年度)」の重点課題と具体的目標、さらには2006年度の目標と活動実績を一覧表にまとめることで、環境活動に対する当社グループの方針・目標と、その進捗状況をわかりやすく報告しています。


    【2006年度の環境活動における主な成果】
    1)温室効果ガスの排出量を2004年度比・22%削減
    2007年は京都議定書の目標「1990年度比マイナス6%」を達成できる見通し
    重油・LPGなどの石油系のエネルギー燃料から、より環境負荷の少ない天然ガス(LNG)への燃料転換を一層図り、温室効果ガスの排出量を2004年度の14万9千トンから11万5千トンへ、22%削減しました。
    また2007年度につきましては、グループ2工場でバイオマスボイラーの運転を開始することで、温室効果ガスの排出量を年間で2万トン削減できる見込みです。この結果、2007年度の温室効果ガス排出量は、1990年度の排出量10万4千トンを9%下回る9万5千トンとなり、京都議定書の目標「1990年度比マイナス6%」を達成できる見通しです。

    2)PRTR対象化学物質の排出量・移動量を、2004年度比・85%削減しました。
    PRTR対象物質の代替品への切り換え、使用樹脂の使用量削減および再利用などにより、PRTR対象化学物質の排出量・移動量を2004年度の438トンから66トンへ、85%削減しました。

    3)南洋材の使用量を、2004年度比・29%削減しました。
    植林木合板を基材とする木質フロアーの発売、原木から合板への原料調達の変更、MDFやパーティクルボードの使用比率の向上などにより、南洋材の使用量を2004年度の10万9千トンから7万7千トンへ、29%削減しました。

    <申し込み先>
    ご希望の方には配布いたしますので、DAIKENホームページ<http://www.daiken.jp/>の資料請求ページから申込みいただくか、氏名、住所、ご職業(勤務先)、必要部数を明記の上、ハガキ・FAXにて下記宛先まで申込み願います。
      ■ハガキ・FAXでの申込み先
        大阪市北区堂島1‐6‐20(〒530‐8210)
        大建工業株式会社 環境・品質保証室
        TEL:06‐6452‐6366  FAX:06‐6452‐6092