ニュースリリース

ダイライト基材の不燃化粧壁材『プレミアート』に新シリーズをラインアップ

2006年07月12日

大建工業(社長:井邉博行)は、ダイライト基材の不燃化粧壁材『プレミアート』の新シリーズとして、水や汚れに強い6ミリ厚タイプの「サニタリー用」と、オフィスやビル・公共施設など内装制限のある施設にも、クロスの上から上貼りして使用できる木目柄・3ミリ厚タイプの「リモデル内装用」を、7月20日から全国発売いたします。

【背 景】
『プレミアート』の基材であるダイライトは、①不燃、②軽量、③高耐久、④加工性のよさ、⑤未利用資源を原料とするエコ材料、といった機能・特長を持つ無機質パネル。これに、耐熱性に優れ、高級感・清潔感のある鏡面加工を施した表面化粧を採用したのが、今年5月に発売した3ミリ厚タイプの不燃化粧壁材『プレミアート キッチン用』です。
今回発売する「サニタリー用」は、このダイライト基材に水・汚れに強い表面化粧フィルムや、ジョイント部を美しく仕上ることのできるR面取形状などを採用。さらに、美しさと清潔感を演出する大理石調やクロス調の4柄をラインアップすることで、脱衣所やトイレ空間などキッチン以外の水廻りに適した仕様としました。また「リモデル内装用」については、厚さを3ミリとし、クロスの上から施工できる専用部材を揃えました。デザインは、重厚で落ち着きのある空間をつくり出す木目調の5柄をラインアップし、オフィスやビル・公共施設などのリフォームに適した仕様としました。
『プレミアート』は、ダイライトの優れた性能<軽量・柔軟性・加工性>に、キッチン用、サニタリー用、内装用、リモデル内装用と、それぞれの用途にマッチした性能を併せ持つ不燃化粧板シリーズとして、幅広い顧客ニーズに対応できます。


Ⅰ. 不燃化粧壁材 『プレミアート サニタリー用』
【特 長】
1.表面には特殊樹脂フィルムを使用していますので、防水性に優れており、水や湿気の気になる洗面・トイレスペースに最適です。
2.表面に防汚コートを施してありますので、化粧品やスプレーがかかってもサッと拭き取ることができます。
3.デザインは、美しさと清潔感を演出する大理石調やクロス調の4柄をラインアップ。
4.基材のダイライトの比重は木材と同程度の0.7と軽量です。他の素材と比べても、ケイカル板の約4割、繊維混入スラグ石膏板の半分以下の重さなので、運搬、施工がはかどります。
5.丸ノコで切断でき、簡単な加工なら手ノコやカッターナイフでもOKです。
6.長辺側の木口はR面取り加工。表面フィルムを木口まで巻き込んでいるので、目地部や入隅部もすっきりと美しく仕上がり、クロスのように剥がれてくる心配もありません。

【仕 様】
1)ホルムアルデヒド規制 : 告示対象外(F☆☆☆☆)
2)色 柄 : SP11、SP12、SP13、SP14の4柄
3)サイズ : 厚さ6mm 910×1,820mm、910×2,580mmの2サイズ
4)基 材 : 火山性ガラス質複層板(ダイライト)
5)表 面 : 化粧PET複合フィルム
6)縁加工 : 長辺木端巻込み−木口形状3R
7)規 格 : 国土交通大臣認定不燃材料 NM−1386
8)価 格 : 6,255円/㎡(910×2,580mm)、6,344円/㎡(910×1,820mm)(消費税込み)
      
Ⅱ. 不燃化粧壁材 『プレミアート リモデル内装用』
【特 長】
1.リモデル用テープと接着剤の併用により、既存のクロス仕上げ面に直接施工できます。また、厚さ3ミリと薄型なのですっきり納めることができます。
2.デザインは、重厚で落ち着きのある空間をつくり出す木目調の5柄をラインアップ。
3.基材のダイライトの比重は約1.2と軽量です。不燃化粧壁材として一般的なメラミン化粧板と比較しても2/3の軽さなので、運搬、施工がはかどります。
4.オフィスやビル・公共施設など内装制限のかかるところにも使用できる不燃壁材です。
5.丸ノコで切断でき、簡単な加工なら手ノコやカッターナイフでもOKです。

【仕 様】
1)ホルムアルデヒド規制 : 告示対象外(F☆☆☆☆)
2)色 柄 : ファインナチュラル、ネオベージュ、ネオアンバー、スーパーダーク、ネオブラウンの5柄
3)サイズ : 厚さ3mm 459×2,580mm
4)基 材 : 火山性ガラス質複層板(ダイライト)
5)表 面 : 特殊化粧複合紙
6)縁加工 : 長辺あいじゃくり、短辺切り放し
7)規 格 : 国土交通大臣認定不燃材料 NM−1203
8)価 格 : 5,981円/㎡ (消費税込み)

【発売日】  7月20日

【販売目標】 20億円/年(プレミアート・全シリーズで)

写真は『プレミアート サニタリー用』<SP13デザイン>の施工例。



※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。