ニュースリリース

音響用システム壁材『シアターウォール』を発売

2005年12月08日

大建工業(社長:井邉博行)は、薄型テレビの壁掛けが可能であり、拡散・吸音の音響効果を発揮することで臨場感あふれるシアター空間を演出できる音響用システム壁材『シアターウォール』を12月15日に発売します。

【発売意図】
液晶テレビやプラズマテレビの普及によってテレビの薄型化、大型化が進んでいます。それに伴い、家庭にいながら映画やコンサートといった映像を、迫力ある音響と共に存分に楽しみたいとの市場ニーズが高まっており、ホームシアター関連機器の売上げも伸びています。今後、ますますホームシアターの需要は伸びるものと予想されており、同時に、音響効果はもちろんのこと、空間のイメージにあわせてコーディネート可能な建材も求められていくと考えられます。
今回、当社が発売する音響用システム壁材『シアターウォール』は、液晶テレビやプラズマテレビを壁掛けできるベースパネルと、音響効果を発揮する拡散パネル・吸音パネルの3種類で構成。当社音響製品と組み合わせることで、ライブ感(残響時間が長い)やデッド感(残響時間が短い)など、個人の嗜好にあわせた臨場感あふれる音響空間を演出します。さらにシンプルモダンをベースとしたデザインを採用することで、モダンなインテリアにもマッチするなど、機能やデザインに対してこだわりを持っておられるユーザーの多様なニーズに対応することができます。

【品 目】 『シアターウォール』

【特 長】
1.部材はベースパネル・拡散パネル・吸音パネルの3つに分かれています。これらを組み合わせることで、部屋の広さや好みの音響プランに合わせて、サイズや機能をプランニングできます。
2.音響効果を持つ拡散パネルと吸音パネルで、臨場感あるシアター空間を演出します。また、当社音響製品と組み合わせることで、好みにあわせたサウンドプラン(防音・音響・創音)をより効果的に実現することができます。
3.ベースパネルは、薄型テレビ(液晶、プラズマ)の壁掛けが可能です。
  ※耐荷重は70㎏=約50インチまで
4.テレビ等の配線は、ベースパネル裏の空間にすっきりと収納することができます。
5.当社AV機器収納とトータルコーディネートすることができます。

【仕 様】
1.ホルムアルデヒド等級区分:F☆☆☆☆(住宅部品表示ガイドラインによる)
2.基材・表面:ベースパネル…<基材>MDF・合板 <表面>化粧紙
  吸音パネル …<基材>MDF、高密度不織布   <表面>特殊クロス
  拡散パネル …<基材>MDF              <表面>化粧紙
3.色 柄:スーパーダーク、ピュアブラウンライトの2色
4.サイズ(セットプラン):LOW TYPE  … 高さ1,250×幅1,646mm
                            高さ1,250×幅2,490mm
                HIGH TYPE … 高さ2,050×幅1,646mm
                            高さ2,050×幅2,490mm
5.価 格:LOW TYPE(高さ1,250×幅1,646mm):146,160円/セット〜
                             (税込)

【発売日】12月15日

【販売目標】7千万円/年

HIGH TYPE<スーパーダーク>(拡散パネル使用・高さ2,050×幅2,490mm)の施工例
※セット価格:319,200円/セット
(写真のプラズマテレビ、スピーカー、ローボードはセット価格に含まれておりません)


※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。