ニュースリリース

「リビングドアRⅢシリーズ」をフルモデルチェンジ

2005年09月05日

大建工業(社長:井邉博行)は、豊富なデザインと高い機能性で市場から高い評価をいただき、業界トップクラスの販売実績を誇る木質内装建材『リビングドアRⅢシリーズ』をフルモデルチェンジし、9月10日から全国発売いたします。

【発売意図】
昨今、住宅に対するユーザーニーズは多様化すると共に、自分らしい、自分の好みにあった住空間を実現したいとのこだわりを持ったユーザーが増えています。そこで重要となってくるのが、カラーでありデザインです。特に面積の大きな壁と床をつなぐ内装ドアは、住空間のイメージづくりに大きな影響を与える重要なアイテムとして、多くのカラー・デザインバリエーションが求められています。
『リビングドアRⅢシリーズ』は、これまでも7色・23デザインという豊富なバリエーションをラインアップしてきましたが、今回の全面リニューアルでは、4つのスタイル別(モダン・ベーシック・トラッド・新和風)にデザイン開発を行い、カラー・デザインバリエーションを大幅に追加。多様化するユーザーニーズに対応できる8色・36デザインをラインアップすると共に、把手(レバーハンドル)のバリエーションも38タイプ用意し、自由に選んでいただけるようにしました。これにより『リビングドアRⅢシリーズ』は、自分の好みにあわせてセミオーダー感覚でデザインチョイスできる内装ドアシリーズとして新たに生まれ変わりました。
また内装ドアと同時に、クローク収納・玄関収納・造作部材・階段部材の各RⅢシリーズについても全面リニューアルを行いましたので、住空間をトータルにコーディネートできます。

【特長】
1.多様化するユーザーニーズに対応するため、豊富なデザイン<36デザイン>と多彩なカラーバリエーション<8色>を用意し、ライフスタイルにあわせてモダン、ベーシック、トラッド、新和風の4つのデザインスタイルで提案します。
2.レバーハンドルのバリエーションは、フォルムの美しさと使いやすさを兼ね備えた38タイプを用意。セミオーダー感覚でチョイスすることができます。
3.豊富な開閉タイプとサイズをラインアップしていますので、部屋の用途や広さに合わせて選択できます。
開閉タイプ…片開きタイプ、親子タイプ、引戸・片引きタイプ、吊戸・片引きタイプなど11タイプ。
サイズ  …片開きタイプで6種類(間口650㎜、735㎜、755㎜、780㎜、850㎜、875㎜)、引戸・片引きタイプで5種類(間口1195mm、1450㎜、1645mm、1745㎜、1875㎜)など。
4.ペットにやさしいくぐり戸のついたペットドアや、回転しながら開閉するローリング式片開きドア、通過後自動的に閉まるクローザー付き吊戸など、暮らしに便利なプラスα機能を付加した機能ドア・6タイプもラインアップしております。

【仕様】
1.ホルムアルデヒド規制:F☆☆☆☆(住宅部品表示ガイドラインによる)
2.基材:扉はMDF、枠芯材は合板又はMDF
3.表面:モダン(00デザインを除く)、トラッド、新和風スタイルはオレフィンシート、ベーシックスタイルとモダンスタイルの00デザインはポリサンドシート
4.構造:モダン、ベーシック、新和風スタイルはフラッシュ構造(一部ベタ芯)、トラッドスタイルは框組構造(一部ベタ芯)・フラッシュ構造
5.色柄:ファインナチュラル、ファインオーカー、ネオベージュ、ピュアブラウンライト、ネオブラウン、ネオアンバー、スーパーダーク、ネオホワイトの8色

【価格】
ベーシックスタイルの片開きドア・00デザイン(780㎜幅):58,590円※消費税込み
(扉+枠+見切+金具)など

【発売日】 9月10日

【販売目標】 初年度 200億円/年

写真は新和風スタイルの引戸・引違ドア<スーパーダーク>の施工例




※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。