ニュースリリース

24時間換気システム「エアスマート」・同時給排型換気扇を発売

2003年12月16日

大建工業(社長:井邉博行)は建築基準法で義務化された24時間換気への対応をより容易にするために、独立した部屋毎に一台で給気と排気を同時に行う「同時給排気型換気扇・DKファン」を12月20日に発売します。

7月の建築基準法改正により義務づけられた24時間換気への対応として、室内に常に新鮮な空気を循環させる24時間換気システム「エアスマート」のラインアップの拡大と、必要な換気設計と製品の拾い出しが簡易にでき使いやすい計算ソフトの無償配布などハード、ソフトの両面でニーズへの対応を図っています。
この度発売の「同時給排気型換気扇・DKファン」は、部屋単位で給排気を完結するタイプで、空気の通り道を確保するためのドアのアンダーカットやガラリなどの配慮を不要にすると同時に、防音ドアなどの使用も可能にしました。

【背 景】
シックハウス対策としての改正建築基準法が7月1日より施行され、ホルムアルデヒド発生建材の使用面積制限に加えて新たに機械換気設備の設置が義務付けられました。これにより、住宅の換気設備市場の大きな伸長が進んでいます。
24時間換気システムへの当社の取り組みは、建材メーカーの中で最も早く、2000年に「エアスマート」を発売し、気密住宅を中心にその市場実績を積んできました。24時間換気システム・エアスマートのラインアップ充実を図り、ライフスタイルに合せた選択の幅を拡大します。

【商 品 名】 エアスマート同時給排気型換気扇 DKファン

【特  長】
①部屋の広さに合せて機種を選択できる簡単設計
  6畳(06タイプ)、8畳(08タイプ)、10畳用(10タイプ)をラインアップ
②風量設定をお施主様がスイッチひとつで切替可能
 ・通常時は「常時運転」モードで0.5回/hの換気を行います。
 ・冬季に冷風感が気になるときには「寒いとき」モード(0.3回/h)にすることに
  より冷風感が軽減できます。
③高性能フィルターを搭載
  花粉や粉塵を97%カット。交換はワンタッチ。(専用フィルターは別売り)
④高い換気効率と羽根汚れの大幅低減を実現した新形状ファン(ハイブリット形ファン)を排気側に搭載。低騒音・低消費電力を実現しました。
 (運転音17dB・消費電力2.9W:06タイプ、50Hz、常時運転の時)
⑤省施工。
 ・壁スイッチ不用。(本体内蔵)
 ・取付け場所の制限が少なく、パイプ位置はセンター振り分けと、設置も簡単。
⑥フード追加ラインアップ
 ・防火地域等に対応の熱交換型換気扇防火ダンパー付フードも同時ラインアップ。
  (フードはDKファン、熱交換型換気扇51W型共用部材)

【仕様と価格】 工事費別 
06タイプ ( 6畳用)・・・23,400円/台
08タイプ ( 8畳用)・・・24,500円/台
10タイプ (10畳用)・・・25,600円/台

【発 売 日】 平成15年12月20日

【売上目標】 今年度1億円


※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。