ニュースリリース

天井の梁と照明を初めて一体化~ネオテラスを新発売

2003年08月26日

大建工業㈱(社長:井邉博行)は、蛍光灯やダウンライトを組み込んだ新感覚の付梁(はり)造作材「ネオテラス」を9月1日に発売します。
一般的には照明は蛍光灯、天井の梁は梁とそれぞれ別ですが、「ネオテラス」は照明と梁を組合せることで機能とインテリア性を融合させた業界初の電材と建材の一体化商品です。住宅はもちろん、商業施設など幅広い分野でのニーズにお応えします。
尚、ネオテラスは三菱電機照明㈱(社長:長野博幸)との共同開発商品で、特許出願中です。
*梁=構造材の一つで、垂直に立つものを「柱」、柱を安定させるために柱をつなぐ水平に寝ているものを「梁」という。付梁とは、天井面に梁に似せて取り付ける装飾用の化粧材。

【背 景】
商業施設に限らず一般住宅でも、インテリアの向上に伴い、梁材を見せるなど天井にアクセントをつける古民家風、民芸調のデザインが急増しています。そのため、梁や柱に照明を取り付けたり、組み込んだりするケースが増えています。しかし、建材と電材は分野が異なるため、現場設計、製作、工事と非常に手間がかかると同時に、外観面で美観を損ねるなどの課題があり、照明と建材がコーディネートされた商品を求めるニーズが高まっていました。
建材の大建工業㈱と照明の三菱電機照明㈱とで美観と照度、施工性を配慮した建材・照明一体型の商品を共同で開発し、大建工業㈱から発売することになりました。

【発売品目】
1,商品名   付梁造作材「ネオテラス」
2,特 長
① 付梁に蛍光灯やダウンライトを埋め込んだ建材・照明一体型のすっきりとしたデザインです。
② 蛍光灯、ダウンライト、蛍光灯とダウンライトを組み込んだ3パターンのユニットと照明のない梁だけのタイプ、壁付けタイプと種類が豊富です。部屋の雰囲気や間取りに合わせて自由に組合すことができます。
③ 蛍光灯とダウンライトの点灯はスイッチで自在に切替えられます。また、ダウンライトは0〜100%まで明るさが調節できますので、蛍光灯との組合せで明るい雰囲気やくつろぎの空間にと、その時々に応じた光の量と質による空間演出が楽しめます。
④ 高いインテリア性を備えていますので、一般住宅のリビングやダイニングはもとより、マンションのエントランス、商業施設など幅広い空間で利用できます。
⑤ 化粧梁は後付けタイプですので、新築はもちろんリモデルにも最適です。
⑥ 化粧梁には熱に強いダイライト基材を使用していますので、長時間の使用でも安心です。
⑦ 建材ユニットを取り付けた後に、電材ユニットを取り付ける仕組みで、建材と電材工事の分担が明確で、省施工が可能です。

3,仕 様
① 用 途:化粧梁+照明
②  色 :Dライトナチュラル、ネオアンバーの2色
③ サイズ:長さ4,000mm(最大)×150mm高さ×90mm幅

4,価 格
  蛍光灯とダウンライトを合わせた組合せで149,000円、蛍光灯のみの組合せで92,300円などがあります。

5,発売日  9月1日

6,販売目標  初年度1億円

写真は寝室での施工例


※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。