ニュースリリース

ダイライト基材の外装造作材をラインアップ

2002年06月12日

大建工業(社長:六車襄二)は、軽量、防火・耐火性、耐久性等に優れる無機質素材「ダイライト」を基材とする外装造作材として、防火破風板、幕板、軒天井ボード(化粧タイプ)をラインアップします。

【発売意図】
住宅性能表示制度への対応として、防火・耐火構造の家づくりへの関心が高まっており、外装部材についても防・耐火性能を強化するビルダーが多くなってきました。さらに防火・耐火性能を有する無機材料の施工負荷の軽減や意匠性を求める声も高まっています。

ダイライトは①軽量、②釘打ちがしやすいのでリード穴が不要、③切断が容易で施工性に優れている、④燃えにくいダイライトは準不燃・準耐火構造などの認定取得で優れた防火・耐火性が実証されている、などの大きな特長があります。これらの特長に意匠性をプラスし、外観にアクセントをつける外装造作部材をラインアップしました。

1, ダイライト防火破風板
(主な特長)
ダイライトと木単板の積層したDVC(Dailite Veneer Composite)素材による4mの長尺サイズを実現し、施工性の大幅アップが図れます。
(主な仕様)
  <サイズ>   18mm厚  210 × 4000mm
  <仕 様>   基材:DVC基材
           表面:無塗装
           専用施工部材として同質の出隅、エンドパネルを準備
  <価 格>   13,000円(2枚入り)

2, ダイライト幕板
(主な特長)
釘が打ちやすい、長尺で折れにくいといったダイライトの特長に加え、無機材料でも比重0.7の軽さで施工性が向上、また好みのカラーに仕上げられる無塗装タイプと、現場での塗装が不要な塗装品(受注生産品/ホワイト・ブラック)も品揃えしました。
(主な仕様)
 <サイズ>  12mm厚  105 × 3030mm
               180 × 3030mm
               105 × 4000mm
               180 × 4000mm

  <仕 様>   基材:ダイライト
           表面:無塗装、ホワイト、ブラックの3種類
           専用施工部材として同質の出隅、化粧用付け出隅を準備
  <価 格>   (無塗装・5本入り)12mm厚  105 × 3030mm 22,500円〜
                      12mm厚  180 × 4000mm 31,500円
           (塗装品・5本入り)12mm厚  105 × 3030mm 30,200円〜
                      12mm厚  180 × 4000mm 42,500円

3,ダイケンの軒天井ボード「ノキライト」(塗装品)
(主な特長)
○サイディングとのコーディネート性が高いアイボリーとグレーの2色を追加しました。粒状塗装で釘頭が目立ちにくく外壁と一体化した美しい仕上がりを演出します。
○45分の準耐火構造を実現。火に強く、耐久性に優れており、住宅性能表示制度の「火災時の安全」の耐火等級(開口部以外)の軒裏45分(等級3)に対応できます。
○比重0.53と軽量なので、負担の大きい上向きの施工作業も楽です。
(従来の窯業系無機建材の比重は1.0前後)
また、現場での切断や加工も容易で、釘打ち時の角欠けもしにくい。
○防腐・防蟻性、寸法安定性に優れます。

(主な仕様)
  <サイズ>  12.5mm厚  910 × 1820mm
  <仕 様>  基材:ダイライト(火山性ガラス質複層板)
          表面:水性塗料 粒状塗装仕上げ
  <製品構成(価格)>
      フラット板  〜  4,300円/枚(17,200円/4枚梱)
      フラット有孔板〜  6,500円/枚(26,000円/4枚梱)
      *有孔板は「準耐火45分」ではありません。


(発売日)    平成14年6月10日

(販売目標)   初年度3億円


※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。