ニュースリリース

準耐火構造軒裏45分の軒天井「ノキライト」を新発売

2001年09月17日

大建工業(社長:六車襄二)は、軽量かつ耐火性、耐久性等に優れる無機質素材「ダイライト」を基材に使って、軒裏45分準耐火構造(木造下地)を実現した軒天井ボードを発売します。

【発売意図】
住宅性能表示制度への対応として、防火・耐火構造の家づくりへの関心が高まっており、軒天部についても防耐火性能を強化するビルダーが多くなってきました。
当社では「ダイライト」基材の新商品・ノキライトで45分の準耐火構造を実現しました。これにより、住宅性能表示制度の「火災時の安全」の耐火等級(開口部以外)の軒裏45分(等級3)への対応を可能にしました。
また、もう一つの大きな特長は、従来の窯業系無機板よりも軽量で寸法安定性に優れていることです。そのためこれまで負担の大きかった上向きの施工作業を大幅に軽減しました。

(商品名)   ダイケンの軒天井ボード 「ノキライト」

(主な仕様)
<サイズ>  12.5mm厚  910 × 1820mm
<仕 様>  基材:ダイライト(火山性ガラス質複層板)
       表面:シーラー処理
<製品構成(価格)>
フラット板  〜  2,770円/枚
フラット有孔板〜  4,900円/枚
リブ板    〜 17,900円/梱(4,475円/枚)
リブ有孔板  〜 29,800円/梱(7,450円/枚)
*有孔板は「準耐火45分」ではありません。
*リブ板・リブ有孔板は受注生産品です。

(特 長)
○45分の準耐火構造(フラット板・リブ板)を実現。火に強く、耐久性に優れており、
住宅性能表示制度の「火災時の安全」の耐火等級(開口部以外)の軒裏45分(等級3)に対応できます。
○比重0.53と軽量なので、負担の大きい上向きの施工作業も楽です。
(従来の窯業系無機建材の比重は1.0前後)
また、現場での切断や加工も容易で、釘打ち時の角欠けもしにくい。
○防腐・防蟻性、寸法安定性に優れます。

(発売日)    平成13年9月20日
* 販売地域は次世代省エネルギー基準のⅢ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ地域(Ⅰ、Ⅱ地域は除く)

(販売目標)     15億円/年



※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。