ニュースリリース

アウトセット折戸ユニットを発売

2001年08月30日

大建工業(社長:六車襄二)は、収納部分と扉の組合わせが自由にできるクローク収納X10シリーズに、壁を仕上げた後からでも扉の取り付けが簡単にできるアウトセットタイプの折戸ユニットを追加しました。新築はもちろん、後付けタイプなので、押入れをクロークに改装するなど、リフォームにも最適です。

【発売意図】
収納用の折戸扉は開口部の壁内に扉を収めるインセットタイプが新築、リフォームを問わず、一般的に使われます。しかし、既存の収納部をリフォームする場合、インセットタイプでは既製の扉サイズに合わせて壁を施工し直すか、特注サイズの扉を作製しなければならないのが実状です。
そこで、そのような不便さを解消するため、収納開口部のリフォームに便利なアウトセットタイプの折戸ユニットを発売します。アウトセットタイプは開口部を扉で覆うように取り付けるタイプですので、押入れなど一定の開口さえあれば施工できます。
リフォーム時にこの特徴が発揮されますが、新築にも使用できます。

1)商品名 クローク収納X10RⅢシリーズ・アウトセット折戸ユニット
2)主な仕様 扉   基 材  MDF
            表 面  オレフィンシート
            デザイン 縦框タイプとフラットタイプにそれぞれウッドとミラー、
                 カットフリー縦框タイプの計5タイプ
            色 柄  Dライトナチュラル、Dライトブロンズ、ピュアブラウン
                 ライト、ピュアブラウン、ネオブラウン
                 (ネオブラウンは受注生産品)
         枠  基 材  MDF
            表 面  オレフィンシート
         サイズ  高 さ  7尺と8尺の2タイプ
             幅   3尺、4.5尺、6尺(いずれも関東間、関西間)
                 カットフリー縦框タイプは560.5〜990.5mmと
                 1093〜1953mm用の2種類
3)価 格   フラットタイプの6尺幅、8尺高さセットで78,000円他
4)特 長
①アウトセットタイプですので、壁を仕上げた後から施工できます。
②開口部の準備は、壁面に見切材と上レールを取り付け、床に下部ピボット受けを取り付けるだけの簡単施工です。
③扉幅や高さをカット加工できる「カットフリー縦框タイプ」をラインアップしました。いまある開口部を利用して開口寸法にあったクローク収納を取り付けることができますので、新築はもちろん、押入れをクロークに改造するなど、リフォームにも最適です。
④下レールがありませんので、掃除がしやすく、キャスター付きの収納物の出し入れもスムーズです。
⑤上レールと扉下部にモヘアを装備しましたので、ホコリやゴミの侵入を最小限に抑えます。
5)発売日   9月1日
6)販売目標  36,000セット/初年度


※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。