DAIKENからのお知らせ

当社海外グループ会社における新型コロナウイルス感染者の発生
及びそれに伴う工場の操業停止について(2021年2月2日)

2021年2月2日

2月1日(月)、当社海外グループ会社のダイケンサラワク社(マレーシア サラワク州ビンツル)に勤務する現地従業員2名が、新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。

当該従業員2名は、1月31日(日)、PCR検査を実施したところ新型コロナウイルス陽性と確認されました。現在、症状は安定しており、自宅にて療養中です。

本件を受けてダイケンサラワク社では、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、行政の指導にもとづき、以下の対策を講じてまいります。

1. 2月1日(月)17時より、MDF工場の操業を停止
   ※操業再開の日時につきましては、現地当局と協議中です。
    今後の状況が判明次第、改めてお知らせ致します。
2. 感染者の当該事業所における行動履歴、ならびに感染者への濃厚接触者の調査
3. 濃厚接触者のPCR検査の優先実施
4. 全従業員のPCR検査の実施

大建工業グループでは、昨年3月23日より、新型コロナウイルス対策本部を本社に設置し、在宅勤務・時差出勤の推進、職場における社会的距離の確保、オンライン会議の実施、イベントや出張の自粛などを実施しております。
今後も保健所および関係各所との連携を図り、お客様と従業員の安全確保を最優先に考え、感染拡大の防止に努めてまいります。関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。