かさばる冬服収納の方法&清潔に翌シーズンも着るためのアイデア

かさばる冬服収納の方法&清潔に翌シーズンも着るためのアイデア

冬服を着終わったら、翌シーズンのために適切な収納を心がけたいものです。冬服はかさばるものが多いため、収納が難しいとお考えの方も多いのではないでしょうか。ここでは冬服の上手な収納方法や長持ちさせるためのコツについてもご紹介します。冬服収納にぴったりのDAIKENの収納も参考にしてみてください。

冬服収納のよくあるお悩みと解決方法

かさばる洋服が多い スペース・手持ちの洋服に合う収納でコンパクトにまとめる

具体的な対策を見る

袖を通さない期間が長い 虫・カビ・劣化対策を行い清潔に保つ

具体的な対策を見る

冬服の収納で課題となるのが、スペースの確保と適切な保存方法でしょう。収納のコツはコンパクトにまとめることです。また、収納前に、冬服にカビや虫食いなどダメージを与えないためのケアも重要といえます。

冬服をコンパクトに収納するコツ3つ

収納量と洋服の数を把握する
スペースを3段に分割する
アイテムごとに収納方法を変える

冬服はかさばるものが多いため、収納にも工夫が必要です。コツと合わせて、かさばらない畳み方のポイントも紹介します。

収納量と洋服の数を把握する

収納を開始する前に、まずどのくらいの冬服を手元に残す必要があるかを把握しておきます。冬服の中で、今シーズン着用する機会が全くなかった、あるいは少なかった服をピックアップして、不要な冬服は処分したり、売却したりしましょう。必要な洋服だけを残すように仕分けすると収納がはかどります。

スペースを3段に分割する

クローゼットや押入れなどの収納は、上段・中段・下段の3スペースに分けてみましょう。上段には主にオフシーズンのものを、中段には着用機会が多い服を収納します。下段には衣装ケースなどを入れ、こちらも着用機会が多めのアイテムを収納するのがおすすめ。また、押入れなど奥行が深い場合は手前と奥に分けるのもスペースを有効活用するコツです。

アイテムごとに収納方法を変える

ニット・セーター 畳んで圧縮袋に収納
コート ハンガーにかけて収納
ダウン 畳んでファイルボックスに収納

ニットやセーターなどは綺麗に畳んで圧縮袋へ。コートは折ジワがつかないウールなどであれば圧縮が可能です。一方、ダウンジャケットなどは、長期間の圧縮でシワが取れづらくなってしまうので、やさしく畳んでボックスに収納するのがよいでしょう。

かさばらない畳み方のポイント
・くるくる丸めて空気を抜く
・同じ種類のアイテムは畳み方を揃える

冬服を綺麗に長持ちさせるコツ3つ

洗濯して防虫対策をする
通気性を良くしてカビ対策をする
スペースの7割程度にとどめる

冬服を収納するなら、長持ちさせるテクニックを押さえておきましょう。きちんとケアすることで、翌シーズン以降も綺麗な状態で着られます。

洗濯して防虫対策をする

虫食いなどの防虫対策には、収納前の洗濯が有効です。汗や目に見えない汚れが付着していると、虫食いが発生しやすくなります。洗濯後はしっかり乾かしてアイロンがけを行い、防虫剤と一緒に収納するとより効果的です。

通気性を良くしてカビ対策をする

クローゼット内に除湿剤を置くなどして、カビ対策を講じるのも得策です。カビや変色を防ぐために、クリーニングした衣類のビニールカバーは必ず外して収納しましょう。また収納には段ボールなどは使用せず、湿気の影響を受けにくい衣装ケースなどを活用するのがおすすめ。

スペースの7割程度にとどめる

冬服を綺麗なままで収納するには、クローゼットいっぱいに服を詰めすぎないことも重要です。パンパンに詰め込み過ぎると、衣服のシワや型崩れが起きることがあります。クローゼット全体の7割程度を埋めるイメージで収納すると丁度よいでしょう。

冬服収納も楽々なDAIKENのユニットアイテム

冬服の収納が簡単かつ綺麗にできるDAIKENの収納アイテムをご紹介します。それぞれのおすすめポイントをチェックしてみてください。

カンタナ

カンタナ

ハンガーかけ用パイプや引き出しなどを活用して、冬服が収納できるユニットです。シワになりやすいコート系はハンガーにつるして、圧縮できるニットなどは引き出しやケースを利用することですっきりと収納可能。高さが選べるため、天井付近のデッドスペースの有効活用にも最適です。

カンタナの詳細はこちら

relaclo(リラクロ)

relaclo(リラクロ)

収納スペースをオーガナイズできる内部ユニット。空間に合わせてカスタマイズできるので、かさばりがちな冬服もすっきりと収納することができます。奥行の深い押入れには衣装ボックスなどを併用し、下段も隙間なく活用しましょう。

relaclo(リラクロ)の詳細はこちら

冬服収納は工夫とユニットアイテムで解決

冬服の収納方法をご紹介しました。綺麗に収納し、きちんとケアすることで大切な洋服も長持ちさせることができます。

冬服はかさばりがちなので、エリア分けができるユニットアイテムが特におすすめです。カスタマイズができるDAIKENの収納なら、服の種類別にピッタリの収納スペースを設置することが可能。冬服を保管する場所にお困りの方は、ぜひDAIKENの収納をチェックしてみてください。

DAIKENのクローゼットの詳細こちら

理想的なオーダー壁面収納を実現するための3ステップ

【ステップ①】好みのイメージを決める

大建工業「MiSEL」のカタログ表紙画像。画像には木目フローリングを使用したリビングが写っており、右側の白が美しいテレビ壁面収納は、テレビボード、本棚・飾り棚、天袋が一体になったハイタイプ。壁面収納の引出しの扉はホワイトアッシュの木目で、取っ手なしのタイプ。大きな窓から日ざしが差し込む明るい室内には、窓側奥にロータイプのオープン棚、画像の左にはラグが敷かれ、ソファやサイドテーブルがある。手前にはgreenのスツールが置かれている。マリメッコのクッションや天然木のサイドテーブルなど北欧テイストでまとめられている部屋。
大建工業「MiSEL」のカタログを無料プレゼント

カタログを見ながら、理想のリビングのイメージを探しましょう。オーダー壁面収納は、お部屋の表情をつくります。理想的な空間づくりを実現するために、機能やデザインを幅広くチェックしてみましょう。

⇒カタログの無料送付はこちら

間取り・壁面収納家具の設置場所にお悩みの方は、収納プランニングソフトをご用意しておりますので、ぜひお試しください。

⇒収納プランニングソフトについて詳しくはコチラ

【ステップ②】オーダー壁面収納のアドバイザーへ相談

大建工業のshop、ショールームの部屋の中で、2人の専門アドバイザーと夫婦がデスクでオーダーテレビ壁面収納について相談している画像。パソコンの画面を見ながら説明するアドバイザー。デスクの上には同社のカタログが開かれている

様々なユニットやパーツの中から、ひとりで組み合わせを考え、サイズを計算するのは大変です。
まずはオーダー壁面収納のアドバイザーへ、気軽に相談してみましょう。経験豊富なアドバイザーが、サイズやカスタマイズ、製作・施工など導入実現に向けてサポート・ご提案いたします。
相談はもちろん無料です。

⇒オーダー壁面収納に詳しいアドバイザーへのご相談はこちら

【ステップ③】実際にオーダー壁面収納を見てみる

大建工業ショールーム、お近くのshopでオーダーリビング壁面収納の施工事例をご覧いただける様子を解説した画像。手前には白いカウンターがあり、奥の白い壁にはシルバーのDAIKENロゴがみえる。LEDの明るい照明
大建工業ショールームでオーダーリビング壁面収納の施工事例をご覧いただけます。

オーダー壁面収納を、カタログやシュミレーターを使ってイメージを膨らませた後は、やはり実際に製品を見て色や素材を確かめたいですね。ショールームでは、オーダー壁面収納をご覧いただけます。
ぜひ実際に触れて、品質の良さを確かめてみてください。

⇒大建工業ショールームについてくわしくはこちら

カタログ・お問い合わせはこちら

まずは理想のイメージ、実現したいイメージを、オーダー壁面収納のアドバイザーへ相談してみませんか?

収納についてのお悩み・疑問の相談から、
壁面収納による最適な解決方法をご提案!
カタログも無料でお送りいたします。

壁面収納のサイズやスペック、製作・施工についてさらに詳しく知りたい方は
ぜひお気軽にご相談くださいね。

壁面収納についてのカタログ無料請求・価格・ご相談はコチラ