隠す収納のアイデアまとめ|キッチンやリビングなどエリア別事例も紹介

隠す収納のアイデアまとめ|キッチンやリビングなどエリア別事例も紹介

「収納」と聞いて苦手意識を持つ方も多いのではないでしょうか。そこで、どなたでも簡単にできる「隠す収納」をご紹介します。キッチンやリビングなど小物で雑多になりがちなエリアは、隠す収納で整理することですっきりとした空間を作り上げられます。実例を交えて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

隠す収納のコツ

物は収納できる量だけ持つ
収納場所は動線を考える
生活感のある物を隠す

隠す収納はどのような生活感が出ず、どのようなご家庭でも取り入れやすい魅力があります。ただ、場所は限られているため少しのポイントを意識してみましょう。

物は収納できる量だけ持つ

収納を見直す際は、まず物の数に着目してみましょう。収納スペースの適量以上に物が溢れていると、片付けが非効率になります。物が多い場合は他の収納スペースに移動するか処分するようにしましょう。

収納場所は動線を考える

収納は、使うときの動線を考えて収納場所を決めると機能的です。使用頻度の高いものを一番取り出しやすい位置に配置します。使用の際の動線がスムーズなことで、隠れた場所に収納しても必要なときに取り出しやすくなります。

生活感のある物を隠す

大きさがバラバラの小物やテレビのリモコンといった生活感を醸し出しそうなアイテムは、隠す収納で対処しましょう。かごやボックスなどを活用し、テレビ台やキャビネットなどに収納することで、部屋が広く見えるだけでなく空間に統一感が生まれます。

隠す収納のアイデア

蓋や扉付きの家具に収納する
布やカーテンで生活感を隠す
収納アイテムを使って収納スペースを増やす

隠す収納のコツは、いかにインテリアや部屋の機能性を生かすかというところにもポイントがあります。上手く隠す収納を活用するアイデアをご紹介します。

蓋や扉付きの家具に収納する

袋類や形状がバラバラのアイテムは、乱雑に見えがちです。アイテムが視覚的に露出しない蓋つきのスツールやキッチンキャビネットなど扉付きの家具に収納してみましょう。見える場所に物がないことで、すっきり片付いて見えます。

布やカーテンで生活感を隠す

キッチンで使う食材や小物などは、カラーコーディネートが難しいことも。バラバラなデザインで統一感がでないエリアは、カーテンなどを引いて工夫をしてみましょう。カフェカーテンやランチョンマットなどを活用して、スポット的に生活感を払拭する方法も効果的です。

収納アイテムを使って収納スペースを増やす

キャビネットなどの収納がない場合は、ボックスや収納アイテムを使って収納スペースを増やしてみましょう。同じサイズやデザイン、色を工夫することで、露出してもまとまりがあり、全体をすっきりみせてくれます。

DAIKENの内部ユニットを使った隠す収納事例9選

隠す収納を実践しているはずなのに、空間がきれいに整わない場合、現状のスペースでは収納が足りていないことが考えられます。そこで、DAIKENの収納を活用した隠す収納事例をご紹介します。お悩みのエリア別にチェックしてみてください。

【キッチン】家事動線を意識して機能性も見た目も充実

クローゼット内をカスタマイズ

パッケージデザインがバラバラの調味料は収納してすっきり見せる工夫をしてみましょう。生活感が出がちな ゴミ箱は、引き出し下のスペースに入れて隠します。キッチンペーパーがさっと取り出せる隠れ収納や、移動できるマグネットポケットなど、動きのロスをなくすテクニックも取り入れてみましょう。

詳細はこちら

【キッチン】生活感のでるアイテムを隠しモダンな印象に

【キッチン】生活感のでるアイテムを隠しモダンな印象に

食器や調理器具が隠す収納になっていることで、露出が抑えられたシックなリビング空間になります。視覚に入りやすい大きい冷蔵庫は、キッチンの奥に設置することで存在感を最小限にできます。装飾的趣向を最小限に抑えることで実現するミニマリズム的な収納術です。

詳細はこちら

【リビング】バラバラとした小物は大容量のキャビネットでまとめて収納

【リビング】バラバラとした小物は大容量のキャビネットでまとめて収納

テレビのリモコンや配線は、キャビネットを活用した隠す収納でアーバンライクな居間に変身させましょう。お子さんのおもちゃなどもキャビネットに収納して、床やテーブルの上などに物を置かないのが、すっきり感を高めるポイントです。

詳細はこちら

【リビング】専用スペースでつくる機能的なリビング

【リビング】専用スペースでつくる機能的なリビング

生活感が出てしまうティッシュボックスは専用のスペースにストック。可動式のごみ箱を隠す収納に取り入れると、さっと取り出せて移動も楽々です。AV機器は、テレビ台内部に隠すことができ、複数ある小物をまとめて整理できる収納です。

詳細はこちら

【子ども部屋】組み合わせ自在なシェルフでプレイフルな子供部屋に

【子ども部屋】組み合わせ自在なシェルフでプレイフルな子供部屋に

自由に組み合わせが選べるシェルフは見せるだけでなく、隠す収納にも最適です。お子さんは成長によって使用するアイテムは様々。扉や引き出しの場所を変えながら生活スタイルに合わせるデザインは、プレイフルな子供部屋にぴったりです。 お子さんと作る遊び心のあふれた隠す収納を楽しめます。

詳細はこちら

【ワークスペース】小スペースでも快適な在宅ワーク

【ワークスペース】小スペースでも快適な在宅ワーク

使用しないときは、扉で隠すことができ、在宅勤務やテレワークのときだけ扉を開いて使えるコンパクトサイズの格納デスク。PCや充電ケーブルなども、まとめられるので見た目もすっきりとします。壁やインテリアとカラーコーディネートすれば、雰囲気に溶け込む隠す収納ステーションになります。

詳細はこちら

【玄関】アイテム数の多い玄関には専用収納

【玄関】アイテム数の多い玄関には専用収納

急な来客などに備え、玄関には靴を出しっぱなしにはせず、隠す収納を取り入れましょう。すぐ使いたいけど邪魔になりがちな傘、靴ベラ、掃除用具などは扉の内側を利用したフックかけの隠れ収納に。カギや印鑑など小物は専用の内引出しや小物トレーなどを備え付けても便利です。

収納はこちら

【洗面所】洗濯機の配置を意識した大容量収納

【洗面所】洗濯機の配置を意識した大容量収納

ランドリー付近は、ほとんど毎日利用する稼働率の高いエリア。洗剤や掃除用品、化粧品、タオルなどは、すぐ取り出せる引き出しや棚が収納にはぴったり。スペースをとる洗濯機は収納ユニット下に設置して、シームレスな配置を工夫しましょう。

詳細はこちら

【トイレ】清潔感がアップする便利な隠す収納

【トイレ】清潔感がアップする便利な隠す収納

トイレはトイレットペーパーや生理用品、掃除用品など実用品が多いため、隠す収納が清潔感をアップしてくれます。壁面への備え付け収納やトイレ上のスペースを有効活用してみましょう。トイレは清掃とともにみための爽快感もクリンネスの向上につながります。

詳細はこちら

生活感がある物を隠してすっきりとした部屋に

すっきりとした部屋というのは、生活感を印象づけるアイテムがどれだけ少ないかという度合に左右されます。機能的な収納アイテムと露出させずに整理できる隠す収納のテクニックを知って、快適な生活空間をデザインしてみましょう。

DAIKENは、機能性とデザイン性を兼ね備えた隠す収納が豊富に揃えています。どこから始めようかとお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

隠す収納ユニットの詳細はこちら

理想的なオーダー壁面収納を実現するための3ステップ

【ステップ①】好みのイメージを決める

大建工業「MiSEL」のカタログ表紙画像。画像には木目フローリングを使用したリビングが写っており、右側の白が美しいテレビ壁面収納は、テレビボード、本棚・飾り棚、天袋が一体になったハイタイプ。壁面収納の引出しの扉はホワイトアッシュの木目で、取っ手なしのタイプ。大きな窓から日ざしが差し込む明るい室内には、窓側奥にロータイプのオープン棚、画像の左にはラグが敷かれ、ソファやサイドテーブルがある。手前にはgreenのスツールが置かれている。マリメッコのクッションや天然木のサイドテーブルなど北欧テイストでまとめられている部屋。
大建工業「MiSEL」のカタログを無料プレゼント

カタログを見ながら、理想のリビングのイメージを探しましょう。オーダー壁面収納は、お部屋の表情をつくります。理想的な空間づくりを実現するために、機能やデザインを幅広くチェックしてみましょう。

⇒カタログの無料送付はこちら

間取り・壁面収納家具の設置場所にお悩みの方は、収納プランニングソフトをご用意しておりますので、ぜひお試しください。

⇒収納プランニングソフトについて詳しくはコチラ

【ステップ②】オーダー壁面収納のアドバイザーへ相談

大建工業のshop、ショールームの部屋の中で、2人の専門アドバイザーと夫婦がデスクでオーダーテレビ壁面収納について相談している画像。パソコンの画面を見ながら説明するアドバイザー。デスクの上には同社のカタログが開かれている

様々なユニットやパーツの中から、ひとりで組み合わせを考え、サイズを計算するのは大変です。
まずはオーダー壁面収納のアドバイザーへ、気軽に相談してみましょう。経験豊富なアドバイザーが、サイズやカスタマイズ、製作・施工など導入実現に向けてサポート・ご提案いたします。
相談はもちろん無料です。

⇒オーダー壁面収納に詳しいアドバイザーへのご相談はこちら

【ステップ③】実際にオーダー壁面収納を見てみる

大建工業ショールーム、お近くのshopでオーダーリビング壁面収納の施工事例をご覧いただける様子を解説した画像。手前には白いカウンターがあり、奥の白い壁にはシルバーのDAIKENロゴがみえる。LEDの明るい照明
大建工業ショールームでオーダーリビング壁面収納の施工事例をご覧いただけます。

オーダー壁面収納を、カタログやシュミレーターを使ってイメージを膨らませた後は、やはり実際に製品を見て色や素材を確かめたいですね。ショールームでは、オーダー壁面収納をご覧いただけます。
ぜひ実際に触れて、品質の良さを確かめてみてください。

⇒大建工業ショールームについてくわしくはこちら

カタログ・お問い合わせはこちら

まずは理想のイメージ、実現したいイメージを、オーダー壁面収納のアドバイザーへ相談してみませんか?

収納についてのお悩み・疑問の相談から、
壁面収納による最適な解決方法をご提案!
カタログも無料でお送りいたします。

壁面収納のサイズやスペック、製作・施工についてさらに詳しく知りたい方は
ぜひお気軽にご相談くださいね。

壁面収納についてのカタログ無料請求・価格・ご相談はコチラ