靴収納のアイデアやおしゃれな事例5選│省スペースで美しく収納する方法

靴の収納方法や実例について解説します。コーデを彩ってくれる重要なアイテムの靴。増えるにつれて収納方法に頭を悩ませた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、靴が効率的に収納できる便利グッズや写真付きの実例を解説します。

靴の収納方法や実例について解説します。コーデを彩ってくれる重要なアイテムの靴。増えるにつれて収納方法に頭を悩ませた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、靴が効率的に収納できる便利グッズや写真付きの実例を解説します。

靴を省スペースかつおしゃれに収納するには?

靴はいつの間にか数が増え、玄関収納から溢れてしまうものです。特にファミリーの場合、「履けなくなったお子様の靴が大量に残っている」などということもあるでしょう。

整理する際は、いらない靴を処分して、必要なアイテムを残すだけでもすっきりとした印象になるもの。それでも収納しきれない場合は、便利アイテムや後付けできる収納がおすすめです。

靴収納に便利なアイテムを見る

おすすめの玄関収納を見る

便利アイテムを使った靴の収納アイデア

靴の収納におすすめの便利アイテムをご紹介します。使い勝手が良く、簡単に購入できるものを集めました。実用する際の参考になるよう、それぞれのアイテムごとに収納アイデアも合わせてお届けします。

シューズホルダー

シューズホルダー

靴を上下に重ね、コンパクトに収納できる靴収納の定番アイテムです。スペースを余すことなく活用できるため、収納量を格段に増やせます。また、土や泥の汚れが収納棚に付きづらくお掃除がしやすいというメリットも。シューズホルダーのカラーやサイズを揃えれば、統一感が出て見た目もおしゃれです。

突っ張り棒

突っ張り棒

収納棚に入る、小さめの突っ張り棒を複数用意するのもおすすめです。段をさらに細かく区切れるので、靴と段の間にあるスペースを有効活用できます。靴だけでなく、置き場所に困る消臭剤や除湿剤も設置可能です。また、突っ張り棒を設置すれば、パンプスやヒールのある靴などは斜めに収納することもできるので、おしゃれに収納できます。

仕切り棚・コの字ラック

仕切り棚・コの字ラック

キッチンなどによく使われる、仕切り棚やコの字ラックは下駄箱にも活用できます。手軽に棚の段数を増やせて便利です。部分的に収納スペースを増設することもできるので、予備の靴紐やシューケア用品など、ちょっとした小物をしまうのにも使えます。

ファイルボックス

ファイルボックス

自立するファイルボックスは、薄いシューズを縦にまとめて収納するのにうってつけです。靴をファイルボックスに入れるだけなので、片付けも簡単。ボックス内は外から見えないため、収納棚の見た目を美しく保てます。なお、ファイルボックスにしまう靴は、念のためビーチサンダルやスリッパなど、型崩れしにくいものを選んでください。

ケース・トレー

ケース・トレー

プラスティックや木製のケース・トレーを収納棚に敷き、靴をその上に置きます。泥汚れが収納棚に付かなくなるので、お掃除も簡単に。汚れが気になる場合はケースやトレーを掃除するだけでよく、靴を全部取り出したり、収納棚ごと掃除したりする必要がなくなります。

また、靴と靴の間に適度な隙間もできるため、カビや臭いの発生を防ぎ、お気に入りのシューズの持ちを良くする効果も期待できます。

DAIKENのおしゃれ靴収納事例5選

靴の収納スペースが足りないときに便利な靴収納ユニットを厳選しました。先ほどご紹介した便利グッズなどを使っても、まだまだスペースが足りない、玄関に靴が入りきらないといったお悩みを持つ方は必見です。

ファミリーにおすすめのたっぷり靴収納

ファミリーにおすすめのたっぷり靴収納

薄型で奥行きが300mmと靴を横向きに収納するタイプの玄関収納。スペースがあまりとれない玄関でもしっかり靴や関連グッズを整頓できる、デザインと利便性のバランスがとれた靴収納ユニットです。インテリアや消臭剤などを置けるスペースも確保されているのもポイント。

詳細はこちら

モダンな雰囲気を演出する靴収納

モダンな雰囲気を演出する靴収納

大小サイズの異なる収納スペースがありフラットシューズからブーツまで、様々な形・デザインの靴が収納できる靴収納ユニットです。傘やケア用品、靴ベラなど玄関に収納すると便利なアイテムも一緒に収納できます。モダンなコの字のデザイン、また浮いて見えるようなフロート施工で雰囲気のあるおしゃれな玄関を演出してくれます。

詳細はこちら

靴が少ない方におすすめのコンパクト玄関収納

靴が少ない方におすすめのコンパクト玄関収納

大きな収納は必要ない、または狭小玄関口のご家庭におすすめの薄型下駄箱です。奥行はわずか225㎜でコンパクトだから玄関の雰囲気を邪魔せず、下駄箱を置いても広々と靴を脱ぎ履きできます。2種類の高さからお好きなものを選べるため、自宅の玄関を理想のものに仕上げられます。

詳細はこちら

アイテムによって最適な組み合わせができる収納ユニット

アイテムによって最適な組み合わせができる収納ユニット

ご自宅での生活スタイルやお手持ちのアイテムに合わせて、最適なレイアウトタイプをチョイスできる収納です。高さや奥行きが選べ、スペースを有効活用できます。通常のシューズクローゼットとしてはもちろん、ウォークインクローゼットにも利用可能。アウトドアやレジャーなど、趣味がある方にもおすすめの収納です。

詳細はこちら

豊富な収納に加えて衛生対策もできる玄関収納

豊富な収納に加えて衛生対策もできる玄関収納

帰宅してすぐの衛生対策が身近になった今だからこそおすすめの手洗いユニットつき玄関収納です。すっきりとした見た目のタイプから玄関先に置いておきたいアウターの収納場所としてもお使いいただけるタイプまでご用意。これからの玄関のスタンダードとしてぜひご検討いただきたい収納です。

詳細はこちら

靴を収納するときに気をつけたいポイント

・カビ・ニオイ対策をする
・棚・段ごとに使用ルールを決める
・靴は適正量を決め収納する
・履かない靴は処分する

靴を効果的かつ衛生的に整理・収納するためには、いくつかの気をつけたいポイントがあります。それぞれのポイントについて1つずつ解説します。

カビ・ニオイ対策をする

靴は湿気によるカビで劣化しやすく、匂いも残りがちなアイテムです。収納時には、靴の中に消臭剤や湿気取りを入れたり、靴収納そのものに工夫を施したりするなどのケアが必須。 DAIKENが独自に開発した調湿建材「さらりあ~と」なら、湿気が原因のカビやニオイを防ぐことができます。実験でも湿度吸収・消臭ともに優れているという結果が出ています。

 \カビの繁殖・悪臭を防ぐ/

「さらりあ~と」の詳細を見る

棚・段ごとに使用ルールを決める

靴を収納する「棚」や「段」ごとに、ルールを設けるのもおすすめです。定位置を決めることで、スムーズに出し入れでき、綺麗な常置を保てます。所有者、サイズ、シーズンごとに段を分けるなど、家族や自身がシューズを出し入れしやすい位置決めを心掛けましょう。靴の総量も細かく把握できるので、必要な容量をイメージしやすくなります。

靴は適正量を決め収納する

靴は適正量を決めて収納することを意識します。
収納を増やすことは難しいので、スペースに合わせた靴の量を考えます。数を意識することによって、持ちすぎていることに気付くこともあります。また、詰め込みすぎると型崩れの原因になったり、空気の通りが悪くなったりして、湿気や匂いもこもりがちになります。靴同士の距離を離して収納することが長持ちに繋がります。

履かない靴は処分する

ボロボロに傷んでしまっている、何年も履いていないなどの靴は、思い切って処分しましょう。お子さまのいる家庭では履けなくなった靴をそのまま取っておいているケースも見受けられます。収納のキャパシティが間に合っているとしても、通気性や使い勝手を考えると量が少ないに越したことはありません。

カビ・ニオイ対策におすすめのDAIKENの調湿建材のオプション

カビ・ニオイ対策におすすめのDAIKENの調湿建材のオプション

靴収納ユニットにおすすめの素材「さらりあ~と」について解説します。頭を悩ませるカビやニオイを寄せ付けず、お掃除も楽になる調湿建材をDAIKENが独自に開発しました。「さらりあ~と」の具体的な特徴を詳しくご紹介します。

湿度上昇の防止

湿度上昇の防止

「さらりあ~と」は、靴収納ユニット内の湿度を上げないようにする素材のことで、靴表面や内部のカビの繁殖を抑える効果が期待できます。

空気中の湿気を吸収・放出する調湿機能を持っているので、気密性の高い靴収納ユニットでも適度な湿度を保ちます。「さらりあ~と」を採用している場合とそうでない場合を比べた実験結果では、湿度に約15%も差が生まれました。

悪臭の低減

悪臭の低減

「さらりあ~と」を使った靴収納ユニットでは、消臭効果も得られます。収納内部の悪臭を低減し、扉を開けた際に感じるあの不快なニオイをしっかり消臭。DAIKENで行った実験の結果、蒸れた足に発生するニオイの原因物質(イソ吉草酸)を80%も取り除けることが判明しました。

 \DAIKEN独自開発の調湿建材/

「さらりあ~と」についてさらに詳しく見る

靴は効果的に収納することで、長持ちにも繋がる!

靴の収納アイデアや実例について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。捨てられずについつい増えてしまいがちな靴ですが、便利アイテムや収納建材を活用することで効果的な収納が可能。整理して清潔な状態で収納しておくことは靴の長持ちにも繋がります。

DAIKENの収納では収納量を増やせるだけでなく、カビやニオイへの対策も万全。お気に入りの靴を長く愛用頂けます。今回紹介したものをはじめとして、様々な収納を取り扱っていますので、ぜひチェックしてみてください。

玄関収納の詳細はこちら

理想的なオーダー壁面収納を実現するための3ステップ

【ステップ①】好みのイメージを決める

大建工業「MiSEL」のカタログ表紙画像。画像には木目フローリングを使用したリビングが写っており、右側の白が美しいテレビ壁面収納は、テレビボード、本棚・飾り棚、天袋が一体になったハイタイプ。壁面収納の引出しの扉はホワイトアッシュの木目で、取っ手なしのタイプ。大きな窓から日ざしが差し込む明るい室内には、窓側奥にロータイプのオープン棚、画像の左にはラグが敷かれ、ソファやサイドテーブルがある。手前にはgreenのスツールが置かれている。マリメッコのクッションや天然木のサイドテーブルなど北欧テイストでまとめられている部屋。
大建工業「MiSEL」のカタログを無料プレゼント

カタログを見ながら、理想のリビングのイメージを探しましょう。オーダー壁面収納は、お部屋の表情をつくります。理想的な空間づくりを実現するために、機能やデザインを幅広くチェックしてみましょう。

⇒カタログの無料送付はこちら

間取り・壁面収納家具の設置場所にお悩みの方は、収納プランニングソフトをご用意しておりますので、ぜひお試しください。

⇒収納プランニングソフトについて詳しくはコチラ

【ステップ②】オーダー壁面収納のアドバイザーへ相談

大建工業のshop、ショールームの部屋の中で、2人の専門アドバイザーと夫婦がデスクでオーダーテレビ壁面収納について相談している画像。パソコンの画面を見ながら説明するアドバイザー。デスクの上には同社のカタログが開かれている

様々なユニットやパーツの中から、ひとりで組み合わせを考え、サイズを計算するのは大変です。
まずはオーダー壁面収納のアドバイザーへ、気軽に相談してみましょう。経験豊富なアドバイザーが、サイズやカスタマイズ、製作・施工など導入実現に向けてサポート・ご提案いたします。
相談はもちろん無料です。

⇒オーダー壁面収納に詳しいアドバイザーへのご相談はこちら

【ステップ③】実際にオーダー壁面収納を見てみる

大建工業ショールーム、お近くのshopでオーダーリビング壁面収納の施工事例をご覧いただける様子を解説した画像。手前には白いカウンターがあり、奥の白い壁にはシルバーのDAIKENロゴがみえる。LEDの明るい照明
大建工業ショールームでオーダーリビング壁面収納の施工事例をご覧いただけます。

オーダー壁面収納を、カタログやシュミレーターを使ってイメージを膨らませた後は、やはり実際に製品を見て色や素材を確かめたいですね。ショールームでは、オーダー壁面収納をご覧いただけます。
ぜひ実際に触れて、品質の良さを確かめてみてください。

⇒大建工業ショールームについてくわしくはこちら

カタログ・お問い合わせはこちら

まずは理想のイメージ、実現したいイメージを、オーダー壁面収納のアドバイザーへ相談してみませんか?

収納についてのお悩み・疑問の相談から、
壁面収納による最適な解決方法をご提案!
カタログも無料でお送りいたします。

壁面収納のサイズやスペック、製作・施工についてさらに詳しく知りたい方は
ぜひお気軽にご相談くださいね。

壁面収納についてのカタログ無料請求・価格・ご相談はコチラ