洗面所の収納がないなら「壁面収納」事例やおしゃれに活用するアイデアを解説

洗面所の収納がないなら「壁面収納」事例やおしゃれに活用するアイデアを解説

意外とモノが多く、細々した作業が多い洗面所をすっきり収納するためには、壁面収納がおすすめです。スペースを無駄なく使える壁面収納は、設置するだけで得られるメリットや効果が大きいでしょう。今回は、洗面所の壁面収納の魅力や、ニーズ別の事例、さらにおしゃれに活用するコツについても紹介します。

洗面所の壁面収納のメリット

リビングやキッチンの収納と比べ、洗面所の収納は見落とされがちです。そのため、いざ生活を始めてみると、洗面所の収納に困る人も少なくありません。日常生活で頻繁に使用する場所だからこそ使いやすくしておきたいですよね。ここでは洗面所に壁面収納を設置することで得られる4つのメリットを紹介します。

収納量が増える

壁面収納の1番のメリットは、洗面所の床から天井まで好きな範囲を収納スペースにできることです。収納量が増えるので、何かとモノが溢れがちな洗面所も綺麗に保てます。洗面所は洗濯やお風呂場で使うものを保存しておく場所にもなるため、収納量が増えるのは大きなメリットです。

動線の確保

壁面収納を設置することで洗面所のスペースを広く使えるようになります。洗面所を広く使えるだけでなく、洗濯機を使用する際や洗濯物を移動するときなど、家事の動線が広がり楽に感じられるはずです。スムーズに家事ができるようになることで、日常生活のストレスも軽減できます。

おしゃれな空間を演出できる

お部屋の空間馴染みやすい壁面収納は、洗面所をよりおしゃれな空間へと変化させてくれます。またモノを整理して収納できるため、おしゃれさと使いやすさを両立した空間を演出できます。

耐震効果を得られる

壁面収納は壁面に固定されているのが特徴です。固定されているので突然の揺れにも強く、転倒する危険がありません。また、引き出しや扉に耐震ロックが付いているものであれば、地震の際に棚の中のモノが飛散するのも防ぐことができます。耐久性に優れているので、長く安全に利用できます。

※DAIKENで取り扱っている壁面収納は、全ての開き扉と引き出しに耐震ロックが標準装備されています。

ニーズ別!画像で見るおすすめの壁面収納事例5選

たっぷり収納できるものから狭い洗面所にも設置できる壁面収納まで、ニーズに合わせたおすすめの壁面収納を紹介します。ぜひご自宅の洗面所に合わせたお気に入りの壁面収納を見つけてください。

洗濯動線を考えた壁面収納

洗濯動線を考えた壁面収納

収納スペースを二分して家事の動線を確保

壁面収納の設置場所を二分することで、洗濯をはじめとする家事の動線を確保してくれます。洗濯物を取り出したり、洗濯物を持ちながら移動したりするのは意外と動作が大きくスペースを取ります。動きにくい洗面所はストレスが溜まっていってしまうでしょう。空間を広く使いたい、家族が多くて洗濯物も量が多いという方にはおすすめです。

小さな子どもがいても事故に繋がりにくい安全性

収納箇所が上部と下部で二分されているので、洗剤や柔軟剤などはお子さんの手の届かない場所に置いておくことができます。また、作業スペースを広くれるので、足や腕をどこかにぶつけるといったケガもしにくいでしょう

室内干しのスペースの確保もできる

空間を有効に使えるので、洗濯したものをそのまま洗面所に干すことができます。雨の日はリビングや自室で洗濯物を干すことも多いはずです。洗濯物を持って移動するのが大変なのはもちろん、洗濯物の臭いが気になる人も多いのではないでしょうか?洗面所を室内干しのスペースにできることで、家事の負担を軽くし、自室に洗濯物特有の臭いが付くのを防ぐことができます。

⇒詳細はこちら

家電の設置を視野に入れた壁面収納

家電の設置を視野に入れた壁面収納

1カ所にまとまった大容量の収納スペース

収納を一カ所に集中させることで、大容量のモノの管理できます。上段扉がついた収納にはストック用品などを、中段のオープンの収納には使用頻度の高いものを収納しておくと活用しやすいでしょう。

家電を含めた一体感あるデザイン性

家電の設置を想定した収納デザインであるため、部屋の雰囲気から浮いてしまいがちな洗濯機を置いても、統一感のあるおしゃれな空間を演出してくれます。

⇒詳細はこちら

省スペースにたっぷり収納できる壁面収納

省スペースにたっぷり収納できる壁面収納

スペースを区切って収納力をアップ

洗面所上部の空いたスペースを無駄なく収納に使用できます。収納内部は棚板でスペースを区切ることができ、収納物にあわせて棚板の高さも変更できるため、空間を無駄なく使えます。また、収納の中にティッシュを隠しながら使え、ティッシュのストックも上部に収納できます。

置き場所に困るゴミ箱も隠して収納可能

ゴミ箱は使いやすい位置である洗面所横に収納できます。隠して収納できるので、見た目も気になりません。また、ゴミ箱はキャスター付きなので、袋の交換やゴミ捨ての際に便利です。

⇒詳細はこちら

狭小スペースを有効活用できる壁面収納

1つで2つの役割を果たせる

1つで2つの役割を果たせる

洗濯機の上の空いているスペースを2つの用途に使えます。室内干しのスペースを確保できるだけでなく、洗剤や柔軟剤などの小物を置くスペースとしても使用できます。洗濯機から洗濯物を取り出してそのまま干せるので、家事を効率化することもできますよ。

取り出しやすい設計

扉がないオープン収納なので、洗剤や柔軟剤を使う時に取り出しやすくなっています。また、奥行きがない洗面所でも使いやすいのが特徴です。さらに、取り付け時、少し斜め上になる仕様で、荷重を考慮した安心設計なのも嬉しいポイントです。

⇒詳細はこちら

その場で洗濯物が干せる壁面収納

その場で洗濯物が干せる壁面収納

無理のない体制で洗濯物が干せる

レールが手前にスライドするので、洗濯物を干す時に体への負担が少なくなります。また、ご自分の身長に合わせてパイプの高さが3段階で調整できるのが特長です。使い勝手を考えた設計で、長くお使いいただけます。

取り出しやすい収納

物干し部の横には便利な収納スペースがあります。洗濯機の手間側に洗剤などの備品を置けるので、取り出しやすい設計になっています。

⇒詳細はこちら

洗面所の壁面収納をもっとおしゃれに活用するアイデア集

壁面収納は、一度取り付ければなかなか交換することは少なく、大きな買い物ともいえるでしょう。ここでは、せっかく購入した壁面収納を、もっと上手に、オシャレに活用するポイントを紹介します。

収納物の見せ方を意識する

収納物の見せ方を意識する

タオルやアメニティグッズなどは使用頻度も高いため、取り出しやすい位置に収納しておくと、見た目だけでなく、使いやすさも向上するでしょう。また、収納しているモノの容器を揃えたり、並べ方や見せ方を変えたりすることで、雰囲気を変えたり空間を演出したりできます。

収納スペースをオシャレに見せるには、容器や収納グッズの色を統一することをおすすめします。同じモノがない場合でも色が揃っていれば、統一感が感じられ、見た目もスッキリした印象になります。また、「せっかく購入したのにスペースに収まらなかった」ということにならないように、容器や収納グッズを購入する時は、必ず収納スペースの幅や奥行き、高さを正確に測ってから購入しましょう。

棚やラックの追加は雰囲気を合わせる

棚やラックの追加は雰囲気を合わせる

棚やラックの追加は壁面収納と雰囲気が合うようにすると、おしゃれ感が保てるでしょう。また、ラックなどは同じモノを使うことで統一感を出せます。例えば、壁面収納の雰囲気と合わせて、天然素材のバスケットなどを使うとナチュラルでぬくもりのある収納スペースを演出できます。

壁面収納を利用して洗面所を快適な空間へ

今回は洗面所の壁面収納について紹介しました。洗面所は壁面収納を利用することで、収納や空間の使い方が大きく変わることが分かりましたね。快適な空間を作るためにも、壁面収納の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

⇒さらに洗面所の壁面収納を見るならこちらへ

理想的なオーダー壁面収納を実現するための3ステップ

【ステップ①】好みのイメージを決める

大建工業「MiSEL」のカタログ表紙画像。画像には木目フローリングを使用したリビングが写っており、右側の白が美しいテレビ壁面収納は、テレビボード、本棚・飾り棚、天袋が一体になったハイタイプ。壁面収納の引出しの扉はホワイトアッシュの木目で、取っ手なしのタイプ。大きな窓から日ざしが差し込む明るい室内には、窓側奥にロータイプのオープン棚、画像の左にはラグが敷かれ、ソファやサイドテーブルがある。手前にはgreenのスツールが置かれている。マリメッコのクッションや天然木のサイドテーブルなど北欧テイストでまとめられている部屋。
大建工業「MiSEL」のカタログを無料プレゼント

カタログを見ながら、理想のリビングのイメージを探しましょう。オーダー壁面収納は、お部屋の表情をつくります。理想的な空間づくりを実現するために、機能やデザインを幅広くチェックしてみましょう。

⇒カタログの無料送付はこちら

間取り・壁面収納家具の設置場所にお悩みの方は、収納プランニングソフトをご用意しておりますので、ぜひお試しください。

⇒収納プランニングソフトについて詳しくはコチラ

【ステップ②】オーダー壁面収納のアドバイザーへ相談

大建工業のshop、ショールームの部屋の中で、2人の専門アドバイザーと夫婦がデスクでオーダーテレビ壁面収納について相談している画像。パソコンの画面を見ながら説明するアドバイザー。デスクの上には同社のカタログが開かれている

様々なユニットやパーツの中から、ひとりで組み合わせを考え、サイズを計算するのは大変です。
まずはオーダー壁面収納のアドバイザーへ、気軽に相談してみましょう。経験豊富なアドバイザーが、サイズやカスタマイズ、製作・施工など導入実現に向けてサポート・ご提案いたします。
相談はもちろん無料です。

⇒オーダー壁面収納に詳しいアドバイザーへのご相談はこちら

【ステップ③】実際にオーダー壁面収納を見てみる

大建工業ショールーム、お近くのshopでオーダーリビング壁面収納の施工事例をご覧いただける様子を解説した画像。手前には白いカウンターがあり、奥の白い壁にはシルバーのDAIKENロゴがみえる。LEDの明るい照明
大建工業ショールームでオーダーリビング壁面収納の施工事例をご覧いただけます。

オーダー壁面収納を、カタログやシュミレーターを使ってイメージを膨らませた後は、やはり実際に製品を見て色や素材を確かめたいですね。ショールームでは、MiSELのオーダー壁面収納をご覧いただけます。
ぜひ実際に触れて、品質の良さを確かめてみてください。

⇒大建工業ショールームについてくわしくはこちら

カタログ・お問い合わせはこちら

まずは理想のイメージ、実現したいイメージを、オーダー壁面収納のアドバイザーへ相談してみませんか?

収納についてのお悩み・疑問の相談から、
壁面収納による最適な解決方法をご提案!
カタログも無料でお送りいたします。

壁面収納のサイズやスペック、製作・施工についてさらに詳しく知りたい方は
ぜひお気軽にご相談くださいね。

MiSELの壁面収納についてのカタログ無料請求・価格・ご相談はコチラ