社会「従業員とともに 人財価値の最大化:働き方改革」

働き方改革 アイコン働き方改革

大建工業グループは、誰もがやりがい、働きがいを持って働き続けることができ、当社グループで働いていることを「幸せ」だと感じられるよう、働き方改革を推進しています。

働き方改革推進方針

DAIKEN 働き方改革推進方針

大建工業グループは、働き方改革を推進し、従業員がグループの一員であることを「幸せ」だと感じられるようにします。それにより、個人のパフォーマンス、ひいてはグループの力を高め、新たな価値を創造し続けていきます。

1. 長時間労働の未然防止
心身ともに健康で日々活き活きと働くことができるよう、適切な総労働時間の実現を目指します。
2. 労働生産性の向上
時間をかけて成果をあげる働き方から決別し、限られた時間で成果を最大化する生産性の高い働き方を追求します。
3. 柔軟な働き方を可能とする環境の整備
一人ひとりの自律性を高め、時間や空間の制約にとらわれない働き方を実現することで、ワーク・ライフ・バランスを向上させていきます。
4. ライフイベントと仕事の両立支援
子育て、介護、疾病の治療等に直面してもキャリアの中断が起こることがないよう、仕事との両立を支援します。
5. 多様な人財が活躍できる職場環境の整備
女性をはじめとする誰もが自らの持つ強みや持ち味を存分に発揮できる職場をつくり出していきます。

制定:2019年4月1日

これまでの主な取り組み

DAIKENの働き方改革の実現 主な取り組みのイメージ図

2015年以降、経営トップによる宣言のもと「働き方改革推進プロジェクト」を発足させ、朝7時以前、夜19時半以降のパソコンの自動シャットダウンによる長時間労働の抑制の他、職制ごとにワーキングチームを立ち上げ課題解決に当たってきました。また、モバイルパソコンの他、スマートフォンを貸与することにより、外出先でのフレキシブルな対応が可能になりました。プロジェクトの活動以外にも、営業職に特化した働き方改革として、育児や介護等で時間的制約があっても営業職を継続できる新たな営業スタイルの検討会も開始しています。
2018年度には、慣習化された行動からの脱却、自由で柔軟な発想力・セルフマネジメント力の向上を目的に、毎週金曜日に従業員がカジュアルな服装で勤務する「カジュアルデー」の取り組みをスタートさせ、意識面からもワーク・ライフ・バランスの推進に取り組んでいます。
今後は、働き方だけでなく休み方の改善も実施し、誰もがリフレッシュできる時間を持つことで、仕事面でもより高いパフォーマンスを発揮できるよう取り組んでいきます。

多様な働き方を支える主な制度

個人の連続年次有給休暇取得 1回に、2日ないし3日で取得。
取得できる回数は、半期ごとに1回。
選択定年 就労意識の多様化、価値観の変化などを背景に、中高年者の生活設計を支援する。
ボランティア休暇 1年間に1人当たり5日まで休暇を付与。
リフレッシュ休暇 勤続20年 ・・・・・・・・・・・ 連続3日以内
勤続30年 ・・・・・・・・・・・ 連続5日以内
ノー残業デー 毎週火曜日、木曜日、定時に退社する。

連続年次有給休暇取得制度の定着化

連続年次有給休暇取得制度は、2日ないし3日の連続休暇を取得する制度で、年次有給休暇の取得促進と従業員の心身のリフレッシュを図ることを目的として、2007年度に導入しました。制度の導入によって、計画的で効率的な業務運営にもつながっており、今後さらなる定着化を進めていきます。

年次有給休暇取得状況(有休付与日数は、繰越分を除く)

2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
有給休暇
付与日数
17.7日 18.2日 18.3日 18.9日 18.7日 18.5日
有休休暇
取得日数
8.7日 9.0日 9.0日 9.8日 8.6日 9.8日
有給休暇取得率 49.2% 49.5% 49.5% 51.8% 49.8% 53.9%

「イクボス宣言」開始、「イクボス企業同盟」に加盟

大建工業では、2017年10月より、ワーク・ライフ・バランスやダイバーシティ推進に向けて、全管理職が各自の具体的な取り組みを宣言する「イクボス宣言」をスタートしました。また「イクボス応援サイト」を開設し、全管理職の「イクボス宣言」を共有するとともに、「イクボスガイドブック」を掲載しています。さらに、新しい時代の理想の上司の育成を図る企業ネットワーク「イクボス企業同盟」へ加盟(167社目)。10月に調印式を行い、イクボス宣言を有効に活用するための情報交換も行いました

※「イクボス」とは、部下の私生活とキャリアを応援しながら、自らもワーク・ライフ・バランスを満喫し、組織の目標(利益等)を達成している上司・経営者・管理職のこと。(提唱:NPO法人ファザーリング・ジャパン)大建工業では「イクボス」を『一歩先行く(イク)上司(ボス)』と定義しています。

調印式の様子

調印式