DAIKEN地球環境ビジョン2050

DAIKEN地球環境ビジョン2050

ビジョン

“笑顔あふれる未来”のために

大建工業グループは、2050年に向け、資源循環の推進、気候変動の緩和、自然との共生を通じて、持続可能な社会の実現をめざしていきます。

環境方針

1資源循環の推進

ー 廃棄物の削減、資源の再利用 ー

適切に管理された森林資源の積極的な活用により、森林循環を促進するとともに、廃棄ではなく、マテリアルリサイクル、サーマルリサイクル等による資源の再利用を通じて、サーキュラーエコノミーの実現に貢献し、社会全体での持続可能な資源循環をめざします。

2気候変動の緩和

ー カーボンニュートラルの実現 ー

自社の温室効果ガス排出量削減はもちろんのこと、サプライチェーン全体で削減し、森林・木材資源の活用により、炭素貯蔵の拡大、吸収源の維持・循環に貢献し、社会とともにカーボンニュートラルの実現をめざします。

3自然との共生

ー 生物多様性の保全 ー

生物多様性に配慮し、環境の負荷低減、保全、修復への貢献により、生態系が保たれた持続可能な自然環境との共生をめざします。

長期目標

1廃棄物の
再資源化率100%

  • カスケード利用を前提に、マテリアルリサイクル、サーマルリサイクルの推進
  • 廃棄物の最終埋立処分量ゼロ
  • 原材料の調達から製品の使用、廃棄までの一連の流れの中での廃棄物の削減 等

2温室効果ガス
排出量ネットゼロ

  • 生産性向上、効率化による省エネの推進
  • 再生可能エネルギー利用の拡大
  • 炭素を貯蔵している木質素材、製品の拡大
  • 管理された森林の積極的な活用により、再造林の推進に貢献
  • 植林によるCO2吸収源の維持・循環への貢献 等

3自然環境への
負荷低減

  • ラワン材の使用ゼロ
  • 化学物質の適正管理・排出量削減
  • 水資源の有効利用促進
  • 化石燃料由来のプラスチック使用量削減 等