リスクと機会・重要課題(マテリアリティ)

大建工業グループの中長期の経営戦略に重要な影響を及ぼす可能性のあるリスクと機会に加え、これらを踏まえて優先して対処すべき重要課題(マテリアリティ)を以下のとおり特定しています。特定に当たっては、CSR委員会など各種経営会議における審議を経て、取締役会の意見を反映して決定しています。また優先して対処すべき重要課題(マテリアリティ)は、中期経営計画や中期ESG計画の方針、重点施策に連動させるとともに、目標を設定した上で取り組みを進めています。

リスクと機会・重要課題(マテリアリティ)の特定プロセス

リスクと機会・重要課題(マテリアリティ)の特定プロセス

クリックで拡大 <PDFをダウンロード>(177KB)