小上がり収納には何入れる?布団におもちゃ…メリットや使用例を徹底解説

小上がり収納には何入れる?布団におもちゃ…メリットや使用例を徹底解説

おしゃれで便利な小上がり収納。収納スペース豊富で活用方法に迷うこともあります。小上がりを作るメリット・デメリットから、小上がり収納の種類や使用例、小上がり収納を後付けする際におすすめのDAIKEN商品もご紹介します。

小上がりとは

小上がりとは、床面に高さを設けて作られた小さな座敷のことです。畳やフローリング調のものがあります。さまざまな用途があり、小さいなお子さんの遊び場や客間、ちょっとしたリラックススペースなどに使えます。近年では収納付き小上がりユニットも多数登場し、すでにあるお部屋へ後付けることも可能です。

小上がりは広いスペースに作られることが多いため、リビング内に設置されていることが一般的です。小上がりの空間や収納を活かすには、間取りや用途をよく考えることが重要といえるでしょう。

小上がりのメリット

・収納増やせる(引き出しタイプ、小上がりの天面が開くタイプ、その両方のタイプなど)
・簡単に和室空間を作れる
・床から一段高いことでホコリ汚れが防げる
・簡易的なソファやベッドとして使用可能
・お部屋を区切ることで用途が増える(来客用、子どもの遊び場など)

小上がりは、段差部分の空間を活かすことで、収納スペースを増やすことができます。小上がりの床全体を収納スペースにできるタイプもあるので、収納スペースが少ないご家庭にもおすすめです。また、大きなモノも人目に付かないよう隠すことができるので、お部屋を広々とした印象にできます。さらに、他の空間と高さが違うことで、部屋にアクセントが生まれます。部屋の広さを維持したまま客間や子どもの遊び場などの新たなスペースを作り出すことができ、空間の活用度が高まります。

小上がりのデメリット

・バリアフリーには向かない(高齢者、子ども注意)
・ロボット掃除機が対応できない
・リビングの広さに影響する

小上がりは段差が高いため、出入りの際に足を取られてしまう可能性があります。お年寄りの方は段差に腰をかけてから乗り降りするとより安全に使用できます。また、小さなお子様は段差から落下して、ケガをしてしまう心配もあります。小上がりの中にさらに柵を設けるなど安全対策を忘れないようにしましょう。
他にも、リビングが十分に広くない場合は、小上がりを作ることで空間が区切られ、ごちゃごちゃとした印象を与えるかもしれません。

小上がり収納の種類

小上がりの床部分を収納スペースに活用する「小上がり収納」。収納部分の開け方で、引き出しタイプと天面開口タイプ・跳ね上げタイプに分けられます。

引き出しタイプ

引き出しタイプ

引き出しタイプとは、小上がりの段差部分を手前に引き出し、横から収納するタイプです。出し入れしやすく、使用頻度高いものの収納におすすめです。また、小上がりの上に人がいる場合や家具を設置している場合でも出し入れできて便利です。

しかし、引き出しの奥の方にあるモノが取り出しにくいデメリットがあります。また、引き出しの開口に必要なスペースを確保しておかないといけません。スペースが足りない場合、次に紹介する天面開口タイプや跳ね上げタイプと組み合わせることも検討してみましょう。

天面開口タイプ・跳ね上げタイプ

天面開口タイプ・跳ね上げタイプ

小上がりの床部分を蓋として、その下の空間に収納するタイプです。天面開口タイプは畳部分が蓋のように取り外せるスタイルで、跳ね上げタイプは畳部分が上に跳ね上がる形で開くスタイルです。
蓋部分が大きいため、収納物の全体が見渡しやすい点がメリットです。しかし、小上がりの上にものが置いてあると出し入れができないデメリットもあります。使用頻度の低いものの収納におすすめです。

引き出し&天面開口・跳ね上げタイプ

リビングに面している個所は引き出しタイプ、奥の方は天面開口タイプか・跳ね上げタイプを組み合わせられる小上がり収納もあります。収納力が高まるだけでなく、使用頻度に合わせて収納場所を変えられるので、収納力と使いやすさの両立が可能です。

小上がり収納の使用例

小上がり収納に適しているものは、「小上がりやリビングでよく使うもの」と「シーズンものなど使用頻度の低いもの」に分けられます。具体的にどのようなものを入れられるのか、使用例をいくつか紹介します。

子どものおもちゃやベビー用品を収納

お子様用に小上がりを作る場合、「おもちゃ」や「ベビー用品」を引き出しの部分に収納すると便利です。置き場所に困る大量のおもちゃも、小上がりに収納しておけば、リビングをすっきりとした印象に保つことができます。またベビー用品も、ストック用品などを含めて一か所にまとめて収納しておけば、探す手間が省け、必要なときにサッと取り出せます。お子様が小上がりで遊んでいるときに出し入れできるのもポイントです。

オフシーズンの衣類、家電を収納

場所を取るものの、オフシーズン時には全くと言っていいほど使用しない衣類や家電の収納場所としても小上がり収納はとても便利です。比較的大きい収納スペースを確保できるので、かさばるモノも収納できます。

引き出しタイプの小上がりにしまう場合、シーズンものの衣類や家電は出し入れの機会が少ないため、奥の方に収納するといいでしょう。天面開口式や跳ね上げ式の小上がりに収納する場合は、出し入れの際にモノを移動させる必要があるので、大きな家具などは置かないように注意しましょう。

来客用の布団を収納

小上がりを客室としても利用するなら、来客用の布団を収納しておくのもおすすめです。スペースを取りがちな布団をすっきりと収納でき、必要なときにすぐに取り出せます。布団や毛布などのかさばるものを収納する場合は、天面開口タイプや跳ね上げタイプの小上がり収納が使いやすいでしょう。

DAIKENの小上がり対応ユニット

DAIKENの小上がりユニットなら、現在お住いのお家にも簡単に小上がり和室を増設することができます。ユニットの設置場所に合わせて引き出しタイプと天面開口タイプを選べるので、ライフスタイルに合わせてご自由にカスタマイズできます。以下は小上がり収納を使ったプラン例です。

ベッドにもなるシンプルごろ寝スペース

ベッドにもなるシンプルごろ寝スペース

リビングの一角にユニットを設置すれば、好きなときにくつろげる小上がりスペースが出来上がります。全体を淡い色で抑え、リビングとの一体感を演出。引き出し部分に毛布やまくらを収納すればお昼寝スペースとしても使えます。

ごろ寝プランの詳細はこちら

本棚のある和室風読書コーナー

本棚のある和室風読書コーナー

間取り次第では、リビング内でも個室のような小上がり空間を作ることができます。本棚と組み合わせることで、落ち着いた読書スペースに。

読書プランの詳細はこちら

ココロもカラダもあったかヘルスケア

ココロもカラダもあったかヘルスケア

お風呂あがりには、ちょっと腰をかけて休めるリラックスルームにもなります。肌触りの良い畳が心を落ち着かせてくれるでしょう。ストレッチをするスペースとしてもおすすめです。

リラックスプランの詳細はこちら

小上がり収納で快適さと収納力を高めましょう

小上がりを作るメリット・デメリットや小上がり収納の使用例をご紹介しました。後付けできる小上がり対応ユニットで、おしゃれで便利な小上がり空間を作りましょう。

DAIKENではご紹介した小上がり収納以外にも、さまざまなプランをご用意しています。お部屋と用途に合った小上がり収納で、お家ライフをより快適なものにしていきましょう。

DAIKENの収納ユニットはこちら

理想的なオーダー壁面収納を実現するための3ステップ

【ステップ①】好みのイメージを決める

大建工業「MiSEL」のカタログ表紙画像。画像には木目フローリングを使用したリビングが写っており、右側の白が美しいテレビ壁面収納は、テレビボード、本棚・飾り棚、天袋が一体になったハイタイプ。壁面収納の引出しの扉はホワイトアッシュの木目で、取っ手なしのタイプ。大きな窓から日ざしが差し込む明るい室内には、窓側奥にロータイプのオープン棚、画像の左にはラグが敷かれ、ソファやサイドテーブルがある。手前にはgreenのスツールが置かれている。マリメッコのクッションや天然木のサイドテーブルなど北欧テイストでまとめられている部屋。
大建工業「MiSEL」のカタログを無料プレゼント

カタログを見ながら、理想のリビングのイメージを探しましょう。オーダー壁面収納は、お部屋の表情をつくります。理想的な空間づくりを実現するために、機能やデザインを幅広くチェックしてみましょう。

⇒カタログの無料送付はこちら

間取り・壁面収納家具の設置場所にお悩みの方は、収納プランニングソフトをご用意しておりますので、ぜひお試しください。

⇒収納プランニングソフトについて詳しくはコチラ

【ステップ②】オーダー壁面収納のアドバイザーへ相談

大建工業のshop、ショールームの部屋の中で、2人の専門アドバイザーと夫婦がデスクでオーダーテレビ壁面収納について相談している画像。パソコンの画面を見ながら説明するアドバイザー。デスクの上には同社のカタログが開かれている

様々なユニットやパーツの中から、ひとりで組み合わせを考え、サイズを計算するのは大変です。
まずはオーダー壁面収納のアドバイザーへ、気軽に相談してみましょう。経験豊富なアドバイザーが、サイズやカスタマイズ、製作・施工など導入実現に向けてサポート・ご提案いたします。
相談はもちろん無料です。

⇒オーダー壁面収納に詳しいアドバイザーへのご相談はこちら

【ステップ③】実際にオーダー壁面収納を見てみる

大建工業ショールーム、お近くのshopでオーダーリビング壁面収納の施工事例をご覧いただける様子を解説した画像。手前には白いカウンターがあり、奥の白い壁にはシルバーのDAIKENロゴがみえる。LEDの明るい照明
大建工業ショールームでオーダーリビング壁面収納の施工事例をご覧いただけます。

オーダー壁面収納を、カタログやシュミレーターを使ってイメージを膨らませた後は、やはり実際に製品を見て色や素材を確かめたいですね。ショールームでは、MiSELのオーダー壁面収納をご覧いただけます。
ぜひ実際に触れて、品質の良さを確かめてみてください。

⇒大建工業ショールームについてくわしくはこちら

カタログ・お問い合わせはこちら

まずは理想のイメージ、実現したいイメージを、オーダー壁面収納のアドバイザーへ相談してみませんか?

収納についてのお悩み・疑問の相談から、
壁面収納による最適な解決方法をご提案!
カタログも無料でお送りいたします。

壁面収納のサイズやスペック、製作・施工についてさらに詳しく知りたい方は
ぜひお気軽にご相談くださいね。

MiSELの壁面収納についてのカタログ無料請求・価格・ご相談はコチラ