MENU CLOSE

収納についてのよくある質問と回答

収納は定期的にメンテナンスは必要でしょうか。

安心してお使いいただくために、室内ドアの定期的なメンテナンスをお願いします。上吊車、下車(ガイドローラー)、丁番などの可動部分は消耗品です。動きが悪くなった場合は交換をお奨めします。

定期的な点検項目

製品の長期間の仕様に伴い、部品等が劣化(経年劣化)を生じ安全上支障がでる恐れがあります。
経年劣化による重大事故を防止し、製品を長く安全にご使用いただくために、お客様自身による点検を実施いただきますよう、お願いいたします。

【収納の点検項目表】

クローク収納折戸ユニット

 

①上吊車


上吊車は、扉から抜けかけていませんか?
 

■上吊車が扉から、抜けかけているようであれば、ただちに使用を控えて、点検を行ってください。


ロットナンバーから「製造年代」を調べる



 

②ピボット受け(吊元固定タイプのみ)


ピボットの受けは、グラついていませんか?

 

■ピボット受けがグラつくようでしたら、固定用ボルトをしめ直してください。

 



 

③扉間の隙間


扉間の隙間で操作しないでください。
 

■開閉時に指をはさむ恐れがあります。

 



 

扉の走行


扉を完全に折りたたんだ状態でスライド走行しないでください。
 

■スムーズに開閉できなかったり、上吊車が破損し、扉が脱落する恐れがあります

 




【安全にご使用いただくために・・・はこちら】

玄関収納・収納開き戸・MiSEL

 

丁番


丁番本体や丁番プレートは扉やキャビネットからはずれていませんか?
 

■グラついたり、隙間が生じている場合は、使用を控えて点検を行ってください。

 




【安全にご使用いただくために・・・はこちら】

部品が破損している場合

部品が破損している場合は交換が必要です。
弊社オフィシャルオンラインショップ「DAIKENパーツショップ」で直接購入いただけます。


購入の際は「ご利用方法」を必ず確認してください。

こんな危険が潜んでいます。
 

■扉が外れて倒れてくる

 

■扉を開閉時に手の指を挟む

 

■扉の角にぶつかる

その他製品

動画を見る

下レールレス折戸の調整【2014年~現行仕様】



 

折戸の調整【2014年~現行仕様】



 

旧仕様【2010年以前仕様】折戸の調整



 

旧仕様【2010年~2014年仕様】折戸の調整


メンテナンス部品を探す

当社製品のメンテナンス用品を扱っているDAIKENオフィシャルオンラインショップのご案内です。
※ 製品のお問合せはお客様センターへお願い致します。

お探しの内容は見つかりましたか?

電話で直接問い合わせ・相談したい

0120-787-505

受付時間 平日9:00~17:00(土・日・祝日・年末年始・お盆は休みとなります)