住宅 外壁耐力下地材「ダイライトMS」を下地として、外張り断熱の断熱工法とすることはできますか?

外壁耐力下地材「ダイライトMS」を下地として、外張り断熱の断熱工法とすることはできますか?

外張り断熱であってもダイライトの施工方法には影響がないので対応は可能です。ただし、ダイライト自体には釘やビスの保持力がないため、外壁材を留めつける胴縁は、必ず柱や間柱等の木下地に留めつけてください。また、防火上の規制がかかる場合は、防火構造等の認定内容に従って設計・施工してください。

メンテナンス部品を探す

当社製品のメンテナンス用品を扱っているDAIKENオフィシャルオンラインショップのご案内です。
※ 製品のお問合せはお客様センターへお願い致します。

電話で直接問い合わせ・相談したい

0120-787-505

受付時間 平日9:00~17:00(土・日・祝日・年末年始・お盆は休みとなります)