巾木はなしでもいい?巾木の役割とデザイン性について考える 巾木はなしでもいい?巾木の役割とデザイン性について考える

巾木はなしでもいい?
巾木の役割とデザイン性について考える

巾木とは壁材と床材が接する部分に使用する部材を指します。
現在の多くの住宅には巾木が設置されていることが一般的で、壁と床の取り合い部分に生じる隙間をふさぐほか、壁の保護や、化粧材として内装に統一感をもたせたりデザイン性を高めたり、さまざまな効果をもたらします。
化粧材として内装の仕上げに多く用いられる巾木ですが、さまざまな素材や豊富なデザイン・カラー・メンテナンスのしやすさといった実用性から選ぶことができ、空間のテイストやこだわりにあわせて選択が可能です。また、室内の圧迫感を抑え、シンプルな空間を演出するために巾木を取り付けないという選択肢もあります。

こちらの記事では、巾木の役割や内装の部材としての特徴、取り付けない場合のメリット・デメリット、インテリアとしてデザイン性や機能性に優れた商品にもふれていきます。

目次

巾木とは、その役割とは

巾木とは、その役割とは

巾木の役割にはどのようなものが挙げられるでしょうか。

巾木とは、壁と床が接する部分を覆うように取り付けられる部材です。
壁材と床材を施工する際には、取り合い部分(異なる部材が接する部分)に数ミリ隙間が生じてしまうことがあります。また、乾燥などによって伸縮が生じる無垢材などを床や腰壁などに使用した場合や、床鳴り・たわみなどを避けるために、あえて隙間を設ける場合もあります。
隙間はそのままにしておくとゴミが溜まり不衛生となるほか、隙間風が入り込むなど、暮らしの快適さを失う原因ともなるため、巾木の設置が有効です。

壁と床の取り合い部分は特にホコリや汚れも溜まりやすく、掃除をする際に掃除機やモップ・雑巾などがぶつかる頻度も高くなります。
床でオモチャ遊びをすることが多い小さなお子様や、ペットと生活をともにするご家庭では、壁面の下部はダメージを受けやすい部分です。

巾木には、このような日常的な衝撃やキズ・汚れなどから、クロス(壁紙)や塗り壁などの壁材を保護する部材でもあります。

巾木も内装デザインの一部

巾木も内装デザインの一部

壁の保護や隙間風の侵入を防ぐといった機能をもつ巾木は、化粧材として室内空間の演出にも欠かすことのできない部材の1つです。

室内の色調を統一させている場合などは、同色系統の巾木を使用することで視認性を抑え、機能面を維持したまま空間に広がりをもたせることができます。
また、アクセントとして巾木を使用する場合は、色調の濃いもので空間を引き締め、シャープな印象を与えることも可能です。
バロック調の内装にも最適な彫り込みなどの装飾が施してあるものや、オフィスなどにも使用される塩化ビニール製のシンプルで加工がしやすいもの、天然素材のオーダーメイド品など内装のテイストやこだわり、空間の使用用途にあわせて巾木を選んでみるのもよいでしょう。

極力無駄なものを排除したミニマルでシンプルな空間をつくりたい場合は、巾木の設置を避ける方法もあります。
壁や床の素材や質感を際立たせたり、圧迫感のない空間に仕上げたりすることもできますが、隙間なく施工するためには経験豊富な職人であっても手間が掛かり、床材保護の養生も入念に行う必要があります。また、材料の乾燥にともなう伸縮により、あとから隙間ができる場合もあります。
このほかにも、壁と床が接する部分には湿気が溜まりやすく、壁をクロス(壁紙)で仕上げている場合は、下部から捲れてきてしまったり、塗装仕上げの場合は塗料の剥離が生じることも少なくありません。

施工時には工期も長くなり費用も高額となるほか、壁材下部のヨゴレ・キズ・不具合などが防止できず将来的に補修の頻度が増すことから、小さなお子様がいるご家庭やペットとの暮らしを満喫したい場合には、巾木の設置をおすすめします。

せっかく巾木をつけるなら

せっかく巾木をつけるなら

現在ではさまざまな巾木が展開されており、機能やデザイン性などを兼ね備えた商品も販売されています。

ゴミやホコリが溜まりにくいよう上部をR状に加工されているものや、表面のヨゴレを簡単に落とすことができるもの、床の凹凸に馴染み室内の気密性が高まるよう裾部分に樹脂製のパッキンが取り付けられているものなど、実用性や利便性を高め、メンテナンスも楽に行える巾木も登場しています。

このほかにも、存在感や圧迫感を抑えた薄型のもの、クロス(壁紙)をはがすことなく巾木の交換リフォームやリノベーションに特化したもの、出隅の造作が必要なくワンタッチで後付けできる樹脂製のコーナーキャップなど、小さな困りごとにも配慮された製品が数多く用意されています。
スタンダードな木目調のものでもカラーが豊富で、単色のホワイトやグレー・ブラック、部屋のアクセントカラーとして色調の異なるものを採用されているケースもみられます。

新築時はもちろんのこと、リフォームやリノベーションを予定されている方は、機能面にも優れた巾木の設置を検討してみてはいかがでしょうか。

※ここに掲載されている情報は2022年9月8日時点のものであり、ご覧いただいている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

おすすめのDAIKEN製品

関連記事コンテンツ
巾木交換のタイミングは?ソフト巾木と木巾木のメリット・デメリット
巾木の掃除をラクにしたい! ホコリがたまりにくい巾木ってないの?
巾木をおしゃれな部屋のアクセントにするには、色選びがポイント