背景 背景

公共・商業施設の感染対策

イメージPhoto イメージPhoto イメージPhoto

多くの人が集まる施設空間は、
感染対策が重要です

新型コロナウイルスの感染拡大により、ウイルス感染対策への関心が高まってきていますが、
みなさまの施設での対策は万全でしょうか?
不特定多数の人が集まる公共・商業施設空間だからこそ感染を拡大させない対策が必要になります。

職員の出勤停止
事業継続が困難

施設内での
クラスター発生

風評被害の発生
社会からの不信感

営業活動の停止
利用者の減少

ウイルス感染による施設運営でのリスク
ウイルス感染による
施設運営でのリスク

感染対策のために

知っておきたい!
ウイルス・感染症の基礎知識

様々な感染症を引き起こすのは、目には見えないウイルスという存在。
名前は知っていても、詳細はあまり知られていません。
正しく対策をするために、まずは基礎知識を押さえておきましょう。

  • ご存知ですか?
    細菌と
    ウイルスの違い
  • ご存知ですか?
    ウイルスの種類
  • ご存知ですか?
    3大感染経路

細菌とは

細菌

細胞を持ち、
エネルギー生産をする
「生物」

細胞分裂を繰り返すことによって生存し、増殖します。細菌による感染症の多くは、抗生物質で治療を行います。

ウイルスとは

ウイルス

生物と似たような
構造を持つが、
細胞を持たない「物質」

生物の生きた細胞に寄生(感染)して増殖します。治療が難しく、予防のためのワクチンによる対策が主流です

ウイルスは、大きく2つの種類に分けられます。それは、ウイルス粒子が「エンベロープ」と呼ばれる脂質性の膜で包まれているものと、そうでないものです。エンベロープありのウイルスとエンベロープなしのウイルスの両方に対策が必要です。

エンベロープありのウイルス

エンベロープあり

対策方法

アルコール類

○

次亜塩素酸ナトリウム

○

エンベロープなしのウイルス

エンベロープなし

対策方法

アルコール類

△

次亜塩素酸ナトリウム

○

ウイルスがどのように広まっていくかを知っておくことで、とるべき対策も変わります。ウイルスの種類によって様々ですが、日常生活においては主に3つの感染経路に注意すべきといわれています。

接触感染
接触感染

ヒトの手や指、皮膚や粘膜などからの直接的な感染です。ウイルスが付着したものに触り、その手で食事をするなどで体内に取り込んでしまい、感染に至ります。

主な対策

手指や直接触れる場所の消毒、手洗い など 

飛沫感染
飛沫感染

感染者の咳、くしゃみで飛び散った唾液などに含まれるウイルスを、口や鼻から吸い込み、感染に至ります。

主な対策

マスクをつける、手洗い・うがい など

空気感染
空気感染

飛沫の水分が蒸発し、空気中に浮遊したウイルスを吸い込み、感染に至ります。

主な対策

空気清浄機、換気を十分に行う など 

3つの経路の中でも、
施設内は“触れる場所”が多いから

特に「接触感染」に注意が必要です。

施設内での接触感染例

  • 接触感染1

    外でウイルスに触れる、または咳をした飛沫が手につく。

  • 接触感染2

    その手でレバーハンドルや手摺などを掴む。

  • 接触感染3

    家族がそれらを触り、ウイルスが付いた手で目や鼻・口に触る。

DAIKEN 感染対策製品のご紹介

抗ウイルス機能『ビオタスク』 抗ウイルス機能『ビオタスク』