デザイン情報コーナー

DAIKEN社員が説明します!

幼稚園・保育園施設のデザインの
傾向とおすすめコーディネート

DAIKENの採用事例から幼稚園・保育園・認定こども園のデザインの傾向とおすすめのコーディネートをまとめました!
皆様の設計のご参考にしていただけたら幸いです!

社員

大建工業株式会社

松永 研二

・インテリアコーディネーター
・1級カラーコーディネーター「商品色彩」

デザインのポイントは3つ!

DAIKENの採用事例から導き出されたデザインで
抑えるべきポイントはずばり3つです!

  • ポイント1
    ナチュラルな空間コーディネート
  • ポイント2
    カラーを取り入れたコーディネート
  • ポイント3
    形や色で楽しさを演出

幼稚園・保育園・認定こども園の空間コーディネートの傾向として挙げられるのが木材を使ったナチュラルな空間コーディネートです。ライト〜ミディアム色の木目柄を基調に、清潔感と温もりを兼ね備えたナチュラルなインテリアが主流となっております。特に床に関してはほとんどの施設で木目柄を用いており、木造の場合は梁を露出したデザインが多いのも特徴と言えるのではないでしょうか。

参考となる施設をご紹介
  • 写真

    神栖市立大野原保育所
    (茨城県)

  • 写真

    認定こども園 長畑幼稚園
    (栃木県)

  • 写真

    葵サンフレンズ保育園
    (愛知県)

  • 写真

    ナーサリールームベリーベアー矢口
    (東京都)

写真

さらに最近の傾向としては、木目柄を基調としたナチュラルな空間にカラーを取り入れた提案がよく見られます。エントランスや階段室などのゾーン分けや、各教室の目印に、カラーを壁面に用いて区別されています。また、棚やフックの目印にカラーを用いたりと、単にカラーによる楽しい雰囲気だけでなく実用性を兼ねた使われ方がポイントです。特に小さいお子さまが使うことを考えると、カラーで判別させることは重要な要素と言えるでしょう。

参考となる施設をご紹介
  • 写真
  • 写真

認定こども園 釧路ひまわり幼稚園
(北海道)

  • 写真

    おかやまこども園
    (福島県)

  • 写真

    加古川市立 東神吉こども園
    (兵庫県)

TOPICS

丸い窓と控え壁のカラーを生かし、楽しさと場所のわかりやすさを両立させたデザインの使い方もあります。今回ご紹介しているポイントを踏まえて空間デザインを行うことで、施主様の満足につながるのではないでしょうか。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

古河市立保育所(茨城県)

写真

子どもたちが楽しく過ごせる空間づくりは幼稚園・保育園・認定こども園のお施主様が安全性と同じぐらい重視するポイントではないでしょうか。丸みのあるデザインのほか、木や雲の形など、子ども達に馴染みのある形を建具や壁、天井などに取り入れられています。カラーも組合せることで、子どもたちの感性を刺激するような空間に仕上げることがポイントですね。

参考となる施設をご紹介
  • 写真

    舞多聞もりの保育園
    (兵庫県)

  • 写真

    認定こども園 長畑幼稚園
    (栃木県)

  • 写真

    取手市立井野なないろ保育所
    (茨城県)

  • 写真

    鹿田幼稚園
    (岡山県)

写真
イラスト
イラスト
\

カラーを取り入れた
コーディネートにおすすめの

DAIKEN製品のご紹介

/
イラスト
\

楽しさの
演出におすすめの

DAIKEN製品のご紹介

/
イラスト