DAIKEN Architect News vol.6 | もっと知りたい!DAIKEN

学校建築の第一人者に聞く 子ども・大人・地域と共につくる次世代の学びの場

大建工業 エコ事業部 事業企画課 課長 小西 俊行 氏

【ご案内】 大建工業 エコ事業部
事業企画課 課長
小西 俊行 氏
「工場」「R&Dセンター」の中にあるという
“地の利”を活かした素材起点の展示に注目

DAIKEN 岡山テクニカルスペース 内観センターコアから「材料紹介・製造工程」「製品展示・性能紹介」「空間提案」と規模を広げていく展示構成となっている。

DAIKENには、同じように公共・商業施設向けの技術と製品を展示する『秋葉原テクニカルスペース』というショールームが既にありました。そちらと大きく違うのは、「工場・DAIKEN R&Dセンターの敷地内」にある、地の利を活かした展示。完成製品だけではなく、素材や製造過程にもフォーカスした内容です。隣接した工場で製造過程もご見学いただけるので、展示スペースで見たものを実際に確かめられる利点があります。また、R&Dスペース「ミライ」では研究開発中の技術もご覧いただけるので、社内外との技術交流の拠点にもなっています。このように、岡山テクニカルスペースは単体での展示場所というよりも、工場やR&Dセンター見学と併せて、DAIKENの技術や実績など「過去・現在・未来」すべてに触れることができる、というコンセプトを掲げています。ぜひ一度、お越しください。

公共・商業施設向け土足対応フローリング「コミュニケーションタフシリーズ」の説明をする小西氏
公共・商業施設向け土足対応フローリング「コミュニケーションタフシリーズ」がずらり。ラインアップが一覧できるので、樹種の違いをじっくり見られる。

畳おもての原材料である、パイプ状に加工された機械すき和紙を束にしたもの。
畳おもての原材料である、パイプ状に加工された機械すき和紙を束にしたもの。この一束で、約2畳分の畳ができる。

  1. 1
    DAIKEN製品の「素材」と「技術」が大集結!

    木材チップやロックウールなど、DAIKEN製品の核となる原材料、ダイライトや畳おもてなどの製品の製造工程の展示が大集結。素材に触れながら、どのような方法で製造されているかを知ることで、製品への理解が深まります。工場見学と併せて、ぜひ見ていただきたい。

    • インシュレーションボードの原料となる木材チップの展示。このような核となる材料が7種類並んでいる。

      インシュレーションボードの原料となる木材チップの展示。このような核となる材料が7種類並んでいる。

    • 機械すき和紙でできた畳おもての原材料と製造工程の展示。色とりどりの和紙が勢ぞろい。

      機械すき和紙でできた畳おもての原材料と製造工程の展示。色とりどりの和紙が勢ぞろい。

    • 昨年発売の「グラビオエッジ」ができるまでの工程を、現物で解説。

      昨年発売の「グラビオエッジ」ができるまでの工程を、現物で解説。

  2. 2
    おなじみの製品を、見て・触れて・確かめられる!

    床材、壁材、天井材、下地材などDAIKENのおなじみの製品が集合。広々としたスペースを活かして、ラインアップを全種類並べて見比べられるコーナーや、性能コーナーなど、機能・性能を体感できる展示がされています。実際に見て、触って、性能を確かめることができます。

    • 右は普通のクロス材、左は湿気を吸い取る天井「クリアトーン12SⅡ」を設置した箱。同量の水蒸気を入れても、左の方はすぐに靄が晴れる。

      右は普通のクロス材、左は湿気を吸い取る天井「クリアトーン12SⅡ」を設置した箱。同量の水蒸気を入れても、左の方はすぐに靄が晴れる。

    • グラビオUB木目柄が全種類揃った壁面。これだけの数が貼られたショールームは全国でここだけ。

      グラビオUB木目柄が全種類揃った壁面。これだけの数が貼られたショールームは全国でここだけ。

    • 高い耐震性を有した「ダイケンハイブリッド天井」の展示。省施工であることが特徴。

      高い耐震性を有した「ダイケンハイブリッド天井」の展示。省施工であることが特徴。

  3. 3
    実際に入って体感できる!空間提案コーナー

    シーンや用途の違う4つの空間と、音環境の体験コーナー。住空間であるリノベーションした和室、リビングダイニングと、公共空間である高齢者施設、幼稚園・保育施設空間が常設。ドアや手摺、床材などが実際に施工されており、製品の使用感を確かめられます。

    • 高齢者施設におすすめの「ひきドア」は、独自の特殊な開口パターンを実際に体感できます。

      高齢者施設におすすめの「ひきドア」は、独自の特殊な開口パターンを実際に体感できます。

    • 子どもの安全に配慮した「おもいやりキッズドア」と置き畳の「ここち和座」を設置。

      子どもの安全に配慮した「おもいやりキッズドア」と置き畳の「ここち和座」を設置。

    • 「オフトーン」を施工した会議室では、音の響きが抑えられ、声の聞き取りやすさを体感できる。

      「オフトーン」を施工した会議室では、音の響きが抑えられ、声の聞き取りやすさを体感できる。