住まいの 感染対策 DAIKENの建材で安心の空間づくり

大切な家族を、
感染リスクから守るために。

大切な家族を、感染リスクから守るために。

新型コロナウイルスの感染拡大により、 ウイルス感染対策への関心が高まっています。
日頃からマスクの着用、手洗い、うがいなどの、 様々な対策をされていると思いますが、 住まいそのものを気に掛けたことはありますか?
ドアやカウンター、手すりなど、どこの家庭にもある場所からウイルス感染が広まることがあります。

感染対策のために知っておきたい ウイルスの基礎知識

様々な感染症を引き起こすのは、目には見えないウイルスという存在。
名前は知っていても、詳細はあまり知られていません。
正しく対策をするために、まずは基礎知識を押さえておきましょう。

細菌とウイルスの違い

細菌とは…
細菌イメージ
細胞を持ち、
エネルギー生産をする
「生物」

細胞分裂を繰り返すことによって生存し、増殖します。細菌による感染症の多くは、抗生物質で治療を行います。

ウイルスとは…
ウイルスイメージ
生物と似たような
構造を持つが、
細胞を持たない「物質」
諸説あります。

生物の生きた細胞に寄生(感染)して増殖します。治療が難しく、予防のためのワクチンによる対策が主流です。

ウイルスの種類

ウイルスは、大きく2つの種類に分けられます。
それは、ウイルス粒子が「エンベロープ」と呼ばれる脂質性の膜で包まれているものと、そうでないものです。

エンベロープありのウイルス
エンベロープありのウイルスイメージ
ウイルスの代表例
インフルエンザウイルス
コロナウイルス
(新型コロナウイルス含む)
ヘルペスウイルス など
対策方法
アルコール類 : ○
次亜塩素酸ナトリウム : ○
エンベロープなしのウイルス
エンベロープありのウイルスイメージ
ウイルスの代表例
ノロウイルス
アデノウイルス
ロタウイルス など
対策方法
アルコール類 : △
次亜塩素酸ナトリウム : ○
一部のウイルスでは、対策方法に例外があります。
上記の感染症名及びウイルス名は、感染症に関する説明として一例を記載したものです。
当社製品の抗ウイルス効果を表すものではありません。

しっかり知って正しく対策 ウイルスの感染経路

ウイルスがどのように広まっていくかを知っておくことで、とるべき対策も変わります。
ウイルスの種類によって様々ですが、日常生活においては主に3つの感染経路に注意すべきといわれています。

接触感染
ヒトの手や指、皮膚や粘膜などからの直接的な感染です。
菌やウイルスが付着したものに触り、その手で食事をするなどで体内に取り込んでしまい感染に至ります。
接触感染
代表的な感染症
ノロウイルス、ロタウイルス、新型コロナウイルス(COVID-19)など
主な対策
手指や直接触れる場所の消毒、手洗い など
飛沫感染
感染者の咳、くしゃみで飛び散った唾液などに含まれるウイルスを、口や鼻から吸い込み感染に至ります。
飛沫感染
代表的な感染症
インフルエンザ、おたふく風邪、風疹、 新型コロナウイルス(COVID-19)など
主な対策
マスクをつける、手洗い・うがい など
空気感染
飛沫の水分が蒸発し、 空気中に浮遊したウイルスを 吸い込み感染に至ります。
空気感染
代表的な感染症
麻疹ウイルス、水痘ウイルス など
主な対策
空気清浄機、換気を十分に行う など

3つの経路の中でも、家の中は“触れる場所”が多いから 特に「接触感染」に注意が必要です。

家庭内での接触感染
家庭内での接触感染
外でウイルスに触れる、または咳をした飛沫が手につく。
家庭内での接触感染
その手でレバーハンドルや手すりなどを掴む。
家庭内での接触感染
家族がそれらを触り、ウイルスが付いた手で目や鼻・口に触る。
上記の感染症名及びウイルス名は、感染症に関する説明として一例を記載したものです。当社製品の抗ウイルス効果を表すものではありません。
また、各感染症及びウイルスは、他の経路で感染することもあります。