ホーム > 公共・商業施設 > 採用事例 > 黒部宇奈月温泉駅 富山駅

黒部宇奈月温泉駅黒部宇奈月温泉駅

北陸新幹線
黒部宇奈月温泉駅

とやま県産材

活用されない木に新たな価値を。
富山県産スギ不燃パネルの開発。

北陸新幹線
黒部宇奈月温泉駅

2015年3月、長野~金沢間が延伸開業した北陸新幹線。
その黒部宇奈月温泉駅と富山駅に
DAIKEN の「富山県産スギ不燃パネル」が採用され、
高い意匠性と施工性が評価されています。
「地域産材を有効活用し付加価値を高め、需要増を図る」という
大きな目標へのDAIKENの取り組みをご紹介します。

根曲りスギ

富山の根曲りスギに
DAIKENの技術で新たな価値を

根曲スギの特長

富山の根曲りスギに
DAIKENの技術で新たな価値を

日本でも有数の豪雪地帯である富山では、
斜面に生育する杉の根元に積もる雪の重みで
根元が大きく湾曲してしまいます。
湾曲した部分は製材時に木目が切れてしまうため商品価値がなく、
チップ化するかあるいは林地残材として放置されていました。
こうした現状を打開するために、
富山県農林水産総合技術センター木材研究所とDAIKENが
県産材の利用について共同研究を進めていたところ、
「新幹線の駅舎に県産材を使用したい」という話が浮上、
今回の取り組みの出発点となりました。

面になった時の美しさを追求

提案した試作品は60種類。
面になった時の美しさを追求。

根曲スギの特長

提案した試作品は60種類。
面になった時の美しさを追求。

県産材を使用するときには、
良質材だけでなく木の全体を使わなければ意味がありません。
いい木材というのはいくらでもありますが、
林業の振興には林地産材の活用が不可欠です。
そこで、根曲がりスギを使いながら、良質材に負けない意匠性を
いかに高められるかということがポイントになりました。
そのため、木材の色、木目をランダムに組み合わせ、
面になった時の美しさを追求。
1枚1枚の材の幅や、辺材と心材のばらつき、色の違いなど、
さまざまなパターンを試し、提案した試作品は60種類に及びました。

黒部宇奈月温泉駅

専門機関との共同研究により
勝ち取った信頼。

当初、駅の壁面には不燃処理をした木材を採用する予定でした。
しかし、不燃木材には年月を経ると薬剤が木の表面に浮き出て白く濁る
「白華」という弱点がありました。
そこで、木材研究所とDAIKEN チームでは、提案の方向性を変更。
基材に不燃パネル『ダイライト』を採用することで
白華の問題を解決すると同時に不燃性を確保。
突板のデザイン性や施工性の高さをアピールしました。
具体的には富山県産材の根元曲がり材を集成加工した後、
薄くスライスして貼り合わせて杉材の美しさと自然感を表現しました。
また施工方法や使い方、耐久性の保証について、
技術レベルの検討を重ねました。
選ばれる基準であるデザイン性は高く維持しながら、
使用が難しかった根元曲り材を有効に活用した今回のプロジェクト。
山元への利益還元と、富山の林業発展につながる取り組みとして
評価されました。

とやま県産材

北陸新幹線
黒部宇奈月温泉駅

設 計/鉄道建設・運輸施設整備支援機構
    北陸新幹線第二建設局建築課
    交建設計・押田建築設計事務所JV
施 工/前田建設・西武建設・桜井建設JV
採用壁材・天井材/ 富山スギ突板張り
          ダイライト不燃パネル
施工年/2014年

新幹線
富山駅舎 富山駅舎

県産材活用の取り組みは
富山駅舎へも展開。

県産材活用の取り組みは
富山駅舎へも展開。

黒部宇奈月温泉駅での取り組みが認められ、
北陸新幹線富山駅での県産材採用に向け提案する機会を得ました。
駅の柱や壁面に使う壁材で、上下の板を少しずつ重ねて張り上げる
下見板風のデザインとすることが決定。
それを受けDAIKENではアルミとスギ材突板の複合素材を提案。
長尺で節のない意匠を要求される中、
節が多いという県産スギ特有の問題をフィンガージョイント技術と、
突板加工する際の材の選定によって克服しました。

県産材の活用
富山駅舎

全国の都道府県の公共施設に
地域材活用のムーブメントを。

今後は突板だけでなく、今は外国産材が使われている基材も含めて、
根元曲がり材を使っていけるような製品開発を進めています。
対象部位は、床・壁・天井・収納・カウンタートップ・間仕切りの6種類。
これで、公共施設の内装全てに県産材を使用することが可能になります。
すでに富山県では、これらの製品が小学校や市役所に採用されて、
木材独特の風合いが生かされた空間づくりに役立っています。
富山県木材研究所とDAIKENの共同研究による今回の取り組みは、
他の地域にももっと広く展開できるはず。
今回の取り組みが自治体の国産材活用の参考になり、
地域の林業の発展につながればとDAIKENは考えています。

北陸新幹線 富山駅

県産材の活用

設 計/鉄道建設・運輸施設整備支援機構
    北陸新幹線第二建設局建築課
    ジェイアール西日本コンサルタンツ
施 工/鹿島・佐藤・大鉄・日本海建興JV
採用壁材・天井材/ 富山スギ突板張り
          不燃アルミスパンドレル
施工年/2014年


DAIKENは、みなさまの地域産材活用を応援します

地域産材活用を広めるためのDAIKENの取り組みご紹介

不燃壁材の品番や価格など、より詳しい情報をお求めの方は
Webカタログへ

PAGE TOP