抗ウィルス機能「ビオタスク」建材で空間に安心をプラス! 抗ウィルス機能「ビオタスク」建材で空間に安心をプラス!

*「ビオタスク」…
抗ウイルス機能に対する当社登録商標です。

大人も子どもも、安心・安全
みんなが過ごしやすい部屋に

目に見えないウイルス。特に、家族皆が触れるような場所は 気になるもの。

DAIKEN独自技術の抗ウイルス機能「ビオタスク」を備えた建材は気になる場所のウイルス対策に貢献します。

「ビオタスク」 イメージ

「ビオタスク」とは

「ビオタスク」はDAIKENが2012年から実用化した技術です。

開発のきっかけ

新型インフルエンザの流行 2009年の新型インフルエンザの世界的流行をきっかけに、ウイルスを原因とする感染症予防に注目が集まりました。

新型インフルエンザの世界的流行イメージ

2012年、建材業界初となる抗ウイルス機能「ビオタスク」技術を確立!

同じ時期、DAIKENでは、超高齢社会を見据えて、安全・安心・健康・快適に過ごせる空間に貢献できる高齢者施設向け「おもいやりシリーズ」を検討していました。

ハンドルや手すりなど高齢者施設の利用者が手で触れる機会の多い場所に
抗ウイルス機能「ビオタスク」を付与し、製品化しました。

現在は、カウンターや壁材など「ビオタスク」機能を付与した製品を多数ラインアップしています。
ご注意
抗ウイルス加工は表面に付着した特定ウイルスの数を減少させるものであり、病気の治療や予防を目的とするものではありません。
新型コロナウイルスへの消毒効果や感染予防効果は確認できておりません。
製品の消毒方法については、こちら

抗ウイルス機能とは

空気中や手から製品上に付着した特定ウイルスの数を減少させます。

DAIKENの抗ウイルス機能「ビオタスク」イメージ図 DAIKENの抗ウイルス機能「ビオタスク」イメージ図

抗ウイルス試験

抗ウイルス効果比較
試験ウイルスA(エンベロープ有り)
試験報告書No.北環発 23_0076号
試験ウイルスB(エンベロープ無し)
試験報告書No.北環発 23_0078号
試験機関
(一財)北里環境科学センター
試験方法
JIS Z 2801を参考にした方法
試験結果
抗ウイルス加工無しと比較して99%の抗ウイルス効果
  • ウイルス感染価の指標であり、条件により効果が異なる場合があります。

試験の様子

プラーク法によるウイルスの定量
ウイルス感染状況の顕微鏡観察
  • ウイルス非感染細胞
    ウイルス感染細胞

特長

  • 1cm2に3〜4万個の抗ウイルス剤が含まれています。
    抗ウイルス剤200倍拡大イメージ 200倍拡大 ※抗ウイルス剤を可視化する処理を行っていますので、実際は粒状に見えることはありません。
  • 集成材カウンター(ゴム材)
    集成材カウンター(ゴム材)
  • 機能層全体に抗ウイルス剤が含まれています。
    抗ウイルス剤200倍拡大イメージ

研究開発拠点

「ビオタスク」はDAIKEN R&Dセンターで研究・開発を行っています。
DAIKEN R&Dセンターは新素材開発などの基礎研究から、これを製品化していく応用研究、現行製品の技術改良、製造技術開発を担う研究開発拠点です。

  • DAIKEN R&Dセンター 外観

    DAIKEN R&Dセンター外観

  • DAIKEN R&Dセンター 測定・分析エリア

    測定・分析エリア

  • DAIKEN R&Dセンター 測定・分析エリア

「ビオタスク」対応製品のご紹介

カウンター

多用途で使えるオーダー対応のカウンタートップ

集成材カウンター(ゴム材)

集成材カウンター(ゴム材)

製品情報を見る
WEBカタログを見る
集成材カウンター(国産材)

集成材カウンター(国産材)

製品情報を見る
WEBカタログを見る
二ッチカウンター(ゴム集成材)

二ッチカウンター(ゴム集成材)

製品情報を見る
WEBカタログを見る
集成材飾り棚(ゴム材)

集成材飾り棚(ゴム材)

製品情報を見る
WEBカタログを見る
集成材飾り棚(国産材)

集成材飾り棚(国産材)

製品情報を見る
WEBカタログを見る

手摺

場所や用途によって使い分けできる幅広いラインアップ。

場所や用途によって使い分けできる幅広いラインアップ イメージ

湿気を調湿し、ニオイも軽減する壁材

さらりあ〜と シンプルクリーン

さらりあ〜と シンプルクリーン

製品情報を見る
WEBカタログを見る

「ビオタスク」機能により、壁に付着した特定ウイルスの数を減少させます。サニタリーはもちろんリビング、寝室にもお使いいただけます。

調湿壁材さらりあ〜と おすすめコンテンツはこちら

ドア

ひいて、ひらく。新発想から生まれた大開口ドア。通常は引戸を引けば出入りでき、開き戸を開けば車イスも出入りできる大開口を実現。 生活に必要なさまざまな空間を理想的な動線で繋ぎます。

  • 専用にぎりバー【標準設定】 専用にぎりバー【標準設定】

    扉を引いてからボタンを押してロック解除すると、開き戸が開きます。

  • 専用サブにぎりバー【オプション】 専用サブにぎりバー【オプション】

    トイレの室内部から開き戸を閉める際に使用します。