ニュースリリース

弊社製品の消毒方法について
(新型コロナウイルス感染症予防対応について)

2020年05月15日

平素は大建製品に格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
新型コロナウイルス感染症予防のため、手すり・ドアノブなど身近な物の消毒が推奨されています。
弊社製品で特に手に触れる事の多い室内ドアのレバーハンドルや手すり部材などの消毒方法につきましてご紹介させていただきます。
下記を参考に消毒いただき、ご自宅等における感染予防対応のひとつとしてお役立てください。

   

1. 特に手に触れる事の多い弊社製品
   ・ 室内ドアのレバーハンドル・引手、にぎりバー
   ・ 手摺部材
   ・ カウンタートップ

2. 消毒方法
   ① 消毒前の汚れ除去用/消毒用/消毒液の拭き取り用としてそれぞれ、汚れのない布を用意してください。
   ② 薄めた家庭用中性洗剤を含ませた布を固く絞り、製品表面の汚れを十分に除去してください。
   ③ 塩素系漂白剤を、次亜塩素酸ナトリウム濃度が0.05% になるよう希釈した消毒液を布に浸み込ませ、軽く表面を拭いてください。
   ④ 最後に、拭き取り用の布に水を含ませて水拭き(消毒液の拭き取り)を行います。この際、水滴が残らないように拭き上げてください。

3. 消毒作業の注意点
   ・ 市販の漂白剤は希釈率が製品毎に異なるため、希釈の割合は厚生労働省のHPを参考にしてください。
     ※家庭用塩素系漂白剤での消毒液のつくり方(厚生労働省HPより)
      https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000614437.pdf
   ・ 製品表面に汚れが付着しているままで消毒をした場合、十分な消毒効果を得られない場合があります。
   ・ 消毒後の水拭きが不十分であったり、製品の表面にキズや傷みがある場合、また、次亜塩素酸ナトリウム液以外の
     消毒液(アルコール等)での拭きとりは、作業後に製品表面が変色、変質、機能低下する可能性があります。