DAIKENの床とは

床からはじまる
新しい暮らし。

床は、くらしの
ベースです。

家を構えるということは、
生活の基盤をつくるということ。
中でも床は、くらしに最も深く関わる
ベースとなる部位。
インテリアを彩るマテリアルなので
トレンドを反映して、
美しさもキープしたい。
もちろん、お手入れも楽がいい。
赤ちゃんや高齢者にとっては
安全性への配慮も必要。
また、ペットの足腰にも
やさしい床が望ましい。
家族みんなにとって、
くらしの基本となる床。
だからこそ、
じっくりと考えてみたいものです。

暮らしに合わせた機能を選ぶ

リビング、キッチン、トイレ、廊下…
使う場所やご家族の
ライフスタイルに合わせて、
床に必要とされる機能もいろいろ。

ラク書きがはみ出ても
あわてない、
あわてない。

油性マジックも消しやすい。

詳しくはこちら

頑固な汚れも
サッと拭くだけ
簡単キレイ

カレーやケチャップをこぼしても、
お手入れカンタン

詳しくはこちら

立つ時、座る時。
もう傷のことは
気にしない。

長く使う物だから強い方がいいに決まってる。

詳しくはこちら

掃除機や玩具でつく、
引っかき傷にも
負けません。

そのヒミツは、表面の特殊加工だって。

詳しくはこちら

汚れにくいフロアで
キッチンはいつも
ピカピカ。

お掃除の手間を軽減するには、
ゴミを溜めにくくする工夫を。

キッチンケア製品情報へ

面倒なトイレ掃除に
さようなら。

汚れやシミに強い床だから。

ハピアフロア トイレタフ石目柄 製品情報へ

床が濡れていても、
滑りにくいから安心。

水まわりでも安全に配慮。

スリップケア 製品情報へ

ペットが走っても、
しっかり止まる、
ふんばれる。

ペットの歩行にも配慮。

滑りやすい床は、
実はペットにも悪影響。
大切なペットの足腰を守るため、
滑りにくい床を選びましょう。

ワンラブフロアⅢ 製品情報へ

滑りやつまずきによる
転倒事故に配慮して。

滑りにくさにも配慮。

家庭内で一番多いのが、
転倒による怪我。
ご高齢の方をはじめ、
全ての人が安心して暮らせるよう
滑りにくさに配慮しました。

おもいやりフロアⅡ 製品情報へ

TOTO・DAIKEN・YKK AP

TDYリフォーム情報サイトリンクTDY REFORM SITE

  • リモデル事例を見る
    リフォームを通して新しい生活スタイルを約束すること。それが、TOTO、DAIKEN、YKK APの提案する「リモデル」です。お客様がそれぞれ抱えている、住まいに関する悩み。その悩みを解決し、憧れの暮らしを実現するために、どのようなプランをご提案し、リモデルを行ったのか、その優秀事例をまとめました。

  • 十人十家 くらしの想いを わたしらしく
    実現したいライフスタイルは人それぞれ。10 人いれば、10 通りのくらしの想いがあります。ひとつとして同じものはありません。そんな想いをかなえるのが「リモデル」です。憧れのライフスタイルを実現した10 組の家族のリモデルストーリーとその空間をご紹介します。