フローリングがえぐれてできる傷3つの補修方法-原因や対策、補修の注意点まで フローリングがえぐれてできる傷3つの補修方法-原因や対策、補修の注意点まで

フローリングがえぐれてできる傷3つの補修方法
原因や対策、補修の注意点まで

フローリングの表面がえぐられることによってできてしまう傷。位置によっては非常に目立つため、可能な限り補修をしたいものです。ただ、フローリングの傷は誤った方法を施してしまうとかえって目立つこともあります。そこで、代表的な補修方法から、そもそもフローリングに傷がいてしまう原因や対策を紹介します。

目次

フローリングがえぐれてできる傷とは

フローリングの傷には、軽微な「擦り傷」や大きく目立つ「凹み傷」などがあります。凹み傷の中には、椅子を引きずった時にできる線状の傷や、ものを落とした時にできる跡などがありますが、さらに床の表面がそばだっているものはフローリングがえぐれている状態です。

見た目が美しくないばかりか、傷の程度によっては衣服などを引っ掛けてケガをする可能性があり、大変危険です。ご家庭で安心してお過ごしいただくためにも、早急に補修する必要があります。

フローリングがえぐれて傷がつく原因

身に覚えがなく、気がついたら生じているフローリングのえぐれたような傷。代表的な原因を把握して、日頃の意識に繋げてみましょう。

ものを落とす、ぶつける

重さのあるものを落としてしまった、あるいは軽いものでも鋭利なものをぶつけてしまったといったことが原因で床表面がえぐれてしまう場合があります。小さなお子様がいらしたり、ペットを飼われていたりするご家庭では、物理的な衝撃を制限しづらく、知らず知らずのうちに傷が生じてしまうことがあるでしょう。

ものを引きずる

ロボット掃除機を使用すると砂埃や小さなゴミが底部に付着し、引きずられることで傷の原因になることがあります。また、キャスター付きの椅子を使うと凹み傷や表面化粧材の剥離を生じることがあるため、養生のためにカーペットを部分的に敷くのがおすすめです。

小さい傷の悪化

当初は大きな傷ではなかったものの、日常的に人が歩いたり、ものが置かれたりする中で徐々に悪化します。そのため、ものを落としたり激しくぶつけたりしなくとも、時間の経過とともにえぐれていくことがあるでしょう。

経年劣化

フローリングの素材によっては、経年劣化によって衝撃を与えられなくとも、自然とえぐれてしまうケースが見られます。また、そのような素材は時が経つにつれてもろくなるため、以前までは耐えられた衝撃でも、凹み傷をつけることがあります。

フローリングがえぐれてできる傷の補修方法

フローリングの表面がえぐれてしまった際に目立たないように見せる補修方法があります。3つの方法を紹介しますので、気になる傷の補修に役立ててください。

自分で補修する

自分で補修する

傷がまだ浅い内は、補修キットなどを使って自分で補修することができます。あくまで、傷を目立たなくする程度の補修になりますが、小さな傷に対しては十分効果的です。市販の補修キットは手に入りやすくコストも抑えられるため、傷の応急処置におすすめです。

専門家に依頼する

専門家に依頼する

大きくえぐれた傷がある、あるいはたくさんあって自分で対処できないという場合は、専門家に補修を依頼する方法があります。特に、引っ掛かってケガをする恐れがある場合やつまずきの原因になるものは、安全な生活を送るためにも補修が必要です。

専門家へ依頼すると、きれいに補修できる代わりに、費用が高くつくデメリットが生じます。このため予算に都合がつくのであれば、思い切って床材ごと取り換えてしまう方法もあります。

新しい床材に取り換える

新しい床材に取り換える

自分や専門家による補修は、あくまで傷を目立たなくする程度に留まり、フローリング自体がきれいに直るわけではありません。根本的な解決をしたい場合は、床材を新しいものに取り換える方法もおすすめです。費用はかかりますが、たくさんの傷を一度に消すことができるメリットがあります。

最近では傷や凹みに強い床材も登場しており、これまでよりフローリングの美しさを保ちやすくなります。DAIKENでも、傷に強い床材を多数取り揃えておりますので、ぜひ一度ご覧ください。また、既存の床の上に貼る薄物の床材もラインナップしていますので、大掛かりな工事になりません。

DAIKENのおすすめ床材を詳しく見る

補修の際の注意点

補修方法の内、補修キットによるセルフケアと専門家による補修は、傷の根本的解決にはなりません。補修後に傷が再び出てきたり悪化したりすることもあるためです。さらに傷の程度によっては、補修することでかえって傷を目立ってしまうこともあります。

補修は一時的処置と捉え、将来的には床材を張り替えることを想定しておきましょう。

なお、賃貸物件は原状回復が原則となるため、傷ができてしまった場合は注意が必要です。自分で補修しても専門家の判断により退去時に修繕費を請求されることがあります。

フローリングがえぐれてできる傷の対策

傷のない美しいフローリングを保つためには、対策方法があります。5つの対策方法について紹介していきますので、フローリングを傷から守る手段として参考にしてください。

こまめな掃除

フローリングに傷がつく原因を取り除くために、こまめな掃除が大切です。小さな傷の積み重ねは、傷発生のきっかけとなります。このため、小さな傷も日頃から防ぐ必要があるのです。例えば外から運ばれてきた砂や小石などを引きずることで、傷がつくことがあります。外からの砂や塵の侵入を防ぐためにも、こまめな掃除は大変有効です。

さらにゴミを取り除くだけでなく、フローリングを濡れたままにしておかないことも大切です。水に強い加工がされている床材でも、長時間濡れたまま放置しておくと腐食の原因となります。特に、小さな傷の中に水が入り込むと悪化の原因になりますので、十分注意しましょう。

定期的なメンテナンス

定期的なワックスがけも有効です。既存の小さな傷や擦り傷を目立たなくし、新たな傷からフローリングを守ってくれます。

ワックスは定期的にかける必要がありますが、フロアコーティングは基本的に一度施したら終わりです。それぞれの実態に合ったものをお選びいただき、メンテナンスしていきましょう。

ものを落とさない

ものを落とさないように生活することも大切です。手からものが滑り落ちることに気をつけるだけでなく、地震などによってものが落ちることを防ぐ必要があります。家具類の上にものを置かないようにした上で、落下防止用の金具やストッパーなどを設置しましょう。

どうしてもものを置く必要がある場合は、滑り止め用のマットを活用するなど対策を講じましょう。

小さな傷を早めに埋める

小さな傷を早い段階で埋めることで、悪化を防ぐことができます。補修キットや、定期的なワックスがけで傷を埋めることが可能です。小さな傷を埋めると同時に、新たに傷が増えないようにする対策を同時に行うと、より効果的です。

カーペットなどを敷く

カーペットを敷くことで、多少の衝撃からもフローリングを守ることができます。特に小さなお子様やペットと暮らしているご家庭では有効です。

カーペットの厚さによってもフローリングへの影響が変わるため、衝撃が頻繁に加わるようであれば厚手のものがおすすめです。

傷に強いDAIKENの床材

傷に対してある程度の対策はとれますが、本来リラックスするはずのご家庭で神経質になるのも難しいものです。そこで、新築時やリフォーム時に傷に強い床材を採用して、気持ちの良い生活を送るのはいかがでしょうか。傷に強いDAIKENのバリエーション豊富な床材から厳選した3種類を紹介します。

ジオラナチュラル(2022年10月発売)

ジオラナチュラル(2022年10月発売)

天然木の風合いを生かしつつ、エコ基材を採用している床材です。艶消し仕上げによって肌触りが良く、落ち着いた雰囲気の部屋に非常にマッチします。

凹み傷や引っかき傷に強く、水濡れにも強いため、お手入れが簡単な扱いやすい製品となっています。

全12種類の豊富な色柄バリエーションをご用意しておりますので、どのようなお部屋の雰囲気にも合わせてお選びいただけます。

ジオラナチュラルの詳細はこちら

フォレスナチュラルⅡ(2022年10月発売)

フォレスナチュラルⅡ(2022年10月発売)

天然木の心地よさが魅力の天然木床材です。ありのままの自然の風合いと、マットコート仕上げによる天然木ならではの肌触りを存分にお楽しみいただけます。

「凹み傷がつきにくい」性能によって、家具や椅子などによるや引きずりに対する耐性が高く、またものを落とした時に凹み傷が生じるリスクを低減します。このため、天然木を採用しつつ、傷を抑えたい方におすすめです。

さらに、汚れがとれやすい機能も兼ね備えているため、天然木素材でもお手入れのしやすさを実感いただけます。

フォレスナチュラルⅡの詳細はこちら

トリニティ

トリニティ

おしゃれで高級感のあるデザインを重視した特殊加工化粧シート床材です。 表面の質感にこだわり、立体感のある貼り上がりになります。

広幅デザインで質感と美しさを追求しながら、耐傷性やお手入れのしやすさにもこだわっています。

10種類の色柄バリエーションは、どれも落ち着いたカラーと木目柄。穏やかな暮らしを支える空間を創り出します。

トリニティの詳細はこちら

床材の美しさを長く保つDAIKEN

フローリングの傷は、気づいたらついていたということも多いでしょう。いざという時に補修方法を知っておけば、すぐ対応できるので便利です。しかし、生活する上でフローリングに傷がつかないに越したことはありません。フローリングを美しく保つなら、日頃からこまめにお手入れする必要があります。

さらにもっと簡単な方法は、フローリングに「傷に強い床材」を採用することです。DAIKENでは、傷に強い性能を持ちながら、おしゃれでお手入れしやすい床材をご用意しています。傷のない美しいフローリングを保ちたいなら、ぜひDAIKENの床材をご検討ください。

DAIKENの床材を詳しく見る

※ここに掲載されている情報は2022年09月13日時点のものであり、ご覧いただいている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。