木の風合いと遮炎性能を両立木製防火ドア 20分遮炎タイプ

木製防火ドア
  • 木製防火ドア

設計・施工情報

  • 固定枠方式
  • 現場組立品

公的認定・業界団体に関する表記

  • F☆☆☆☆
  • 4VOC基準適合(木質建材)

表面素材

  • シート化 粧扉:オレフィン枠:オレフィン

機能・性能

  • 一般住宅室内専用

上記、各種マークの詳細につきましては、「マーク解説ページ」をご覧ください。

スチール製とは異なる、優しい風合いが魅力の木製防火ドア。
木目調で統一感のあるコーディネートを楽しめます。

一般住宅にご使用いただける木製の防火扉。
災害時は炎と熱をシャットアウトすることで避難経路を確保します。
枠材も木製(遮炎仕様)であるため、一般ドアと同様に施工が容易です。

特長

01
性能
  • 国土交通大臣認定の防火ドア。
    木製でありながらスチールドアと同等の遮炎性能を発揮します。
  • 国や地方公共団体が指定した機関で遮炎性能試験を実施。炉に扉を設置し、約950℃で加熱されます。
    大建木製防火ドア(20分遮炎タイプ)は20分間、非加熱側に炎を出さず試験が終了し、防火設備として認められた製品です。
  • 扉木口材内部に加熱発泡剤を埋め込むことにより遮炎性能を発揮します。
  • 約200℃の熱を加えると加熱発泡剤が発泡します。これにより扉と枠の隙間をなくし、非加熱側に炎を通しません。
  • 加熱発泡剤(扉木口に使用)
    使用している加熱発泡剤は、火災発生時の熱により発泡・膨張し、炭化層を形成します。この炭化層が扉と枠の隙間をふさぎ、高い遮炎性能を発揮します。
    ※ 加熱前(左)と200℃の加熱後(右)

02
断熱効果
  • スチールドアより断熱性能に優れています
  • 木材の熱伝導率はわずか0.15W/mk。アルミ、鉄、コンクリートレンガなど他の建材に比べて優れています。
03
環境保全
  • 循環資源である植林木を有効活用することにより環境保全に配慮しています。
  • 使用木材は、環境に配慮した植林材・集成材を使用しています。原料伐採時、製造時のCO2排出量は、鉄の1/200以下です。
  • ■木製防火ドア基本仕様

    ※写真は〈ティーブラウン〉です。

  • ❶ドアクローザー
    ❷丁番
    ❸レバーハンドル

  • ❶ドアクローザー
    開閉速度が調整できるタイプです。
    (常時閉鎖式でストッパー機能はありません)

  • ❷丁番
    上下左右の調整が自由自在な丁番です。

  • ❸レバーハンドル
    65デザインと62デザインの2つからお好みのレバーハンドルをお選びいただけます。

  • 枠付け戸当り
    左右開き兼用、取り付けが容易な上枠付け戸当りです。

  • 床付け戸当り
    シンプルなデザインの床付け戸当りで

  • 丸座
    ■65デザイン
    〈サテンニッケル〉、〈鏡面クローム〉

  • 角座
    ■62デザイン
    〈サテンニッケル〉、〈鏡面クローム〉

扉デザインバリエーション

  • 00

    00

色柄バリエーション

  • 〈モノホワイト〉

    〈モノホワイト〉

  • 〈ネオホワイト〉

    〈ネオホワイト〉

  • 〈クリアベージュ〉

    〈クリアベージュ〉

  • 〈ミルベージュ〉

    〈ミルベージュ〉

  • 〈ライトオーカー〉

    〈ライトオーカー〉

  • 〈ティーブラウン〉

    〈ティーブラウン〉

  • 〈トープグレー〉

    〈トープグレー〉

  • 〈ダルブラウン〉

    〈ダルブラウン〉

  • 〈オフブラック〉※受注生産品

    〈オフブラック〉

  • 〈マロンブラウン〉

    〈マロンブラウン〉(沓摺のみ)

WEBカタログで製品情報の詳細を見る

各種ダウンロード

  • 取扱説明書

    取扱説明書

    製品に同梱されている施工説明書・取扱説明書をダウンロードできます。

    詳しくはこちら
  • 製品画像

    製品画像

    製品写真や施工・特長写真の画像データ(JPG形式)を検索、閲覧、ダウンロードできます。

    詳しくはこちら
  • 各種認定書類

    各種認定書類

    改正建築基準法に対応し、業者様向けに大臣認定書等のデータを提供しています。

    詳しくはこちら

製品仕様

基材 MDF
表面 オレフィンシート張り
構造 フラッシュ構造(一部ベタ芯)
ホルムアルデヒド規制 F☆☆☆☆ 住宅部品表示ガイドライン
枠・見切 基材 MDF 枠芯材は合板又はMDF
表面 オレフィンシート張り
沓摺は集成材塗装仕上げ
ホルムアルデヒド規制 規制対象外部位製品※1
  • ※1 建築基準法施行令20条の7では、規制を受けない部位ですが、内装仕上げ部分は、告示対象外材料または、国土交通大臣認定、JIS、JASのF☆☆☆☆材料で構成されています。
ご注意
ご採用・ご使用などにあたり、ご注意・ご理解いただきたいこと
  • 本製品は、遮炎性能上、アンダーカットがとれませんので、24時間換気の通気経路にはなりません。部屋単位で換気を確保してください。
  • 本製品は、建築基準法第2条九号の二口及び同法施行令第109条の2の規定に適合する、20分間の遮炎性能を有する防火設備です。ご採用にあたっては、各関係機関への確認をお願いいたします。
  • ドアの開閉の際に指や手を挟まないようにしてください。
  • 扉や把手にぶら下がったり、勢いよく閉めたりしないでください。
  • ストーブ等の熱源を近づけないでください。扉反りや表面の歪みの原因になります。
  • 汚れが付いた場合は、乾拭きもしくは薄めた中性洗剤で固く絞ったタオルで拭いてください。
  • シンナー・ベンジンなどを使用すると、表面の艶がなくなったり変色する場合がありますので使用しないでください。
  • ドアクローザーを取付ける場合は、専用のドアクローザーをご使用ください。
  • 扉に油分や薬品など付着しないようにしてください。しみや変色の原因となります。