2012/10受賞

日本の樹シリーズ リビングドア

2020.12.18

『日本の樹シリーズ』は、わが国で古くから用いられ親しまれてきた国産材の風合いを活かすことにより、伝統的な「和」の美しさと「モダン」なデザイントレンドを調和させた建材商品群です。商品構成は、ドア・収納・床・階段など、日々の暮らしを支える幅広い内装建材をラインナップ。主な樹種は「杉」「栃」「栗」の3樹種を設定、今回応募の対象となるドアにおいては、天然木の表情をより繊細に表現した意匠で具現化しております。国産材という付加価値の高い用途開発を実現することにより、森林と林業の再活性化にも貢献できる取り組みとしてご提案してまいります。

審査委員コメント

突板を短冊状や市松模様に配し、木目による光の陰影や風合いを美しく取り入れたドア。若年層から高齢層まで、幅広い世代の好みに対応できるよう、伝統的な「和」の美しさと「モダン」なデザインによるデザインラインナップになっている。国産材用途開発として森林と林業の再活性化にも貢献できる取組ともなっている。

受賞ページはこちら