MENU

社会「従業員とともに:労働安全・防災活動」

従業員一人ひとりが健やかに、いきいきと充実して働ける職場環境づくりを目指して、さまざまな施策の充実に努めています。

労働安全衛生管理

DAIKENグループ安全基本方針

基本理念

DAIKENグループは、生産活動の基本に「安全を全てに優先させる」をすえ、その確保に必要な施策を効果的、且つ継続的に推進することに努め、全員参加で“災害ゼロ”の会社を目指す。

行動指針

  • 当社およびグループ会社が一体となり安全活動を推進する。
  • 経営者、管理者は安全最優先を不動の姿勢と強い決意で実践する。
  • 労働安全衛生法規並びに自主基準を含むその他の要求事項を順守する。
  • 一人一人が自己管理すると共に、お互いが不安全行為を注意しあい、全員で安全を確保する。
  • 先手の安全管理を実践する。
    (1)安全教育・訓練、関係法令教育を計画的に繰り返し実行し、社員一人一人の力量を引き上げる。
    (2)安全を優先した設備づくりとその維持管理を徹底する。
    (3)6Sにより不具合の早期処置と人づくりを行い、安全作業ルールの順守を徹底する。
    (4)「何が危険か、どうすれば安全か」を先ず考えてから行動するよう危険予知活動や指差呼称等を実施する。
    (5)事故を未然に防止するためにリスクアセスメントにより危険源を抽出し、速やかに対策を実施する。

※6S:整理、整頓、清掃、清潔、躾、作法=スマイル

最終改定:2014年10月1日
制定:1999年4月1日

安全診断

DAIKENグループでは、「DAIKEN安全基本方針」のもとに、生産活動の基本に「安全を全てに優先させる」を据えて、労働環境の安全管理を徹底しています。その一環として、定期的な「安全診断」を1999年度から開始しています。安全診断では、各工場の施設・設備、作業環境、作業方法、教育・訓練などの項目について、安全面での取り組みや現場の実態を確認しています。この診断で改善が必要な部分を指摘し順次対処していくことによって、事故災害のない労働環境の構築につなげています。
2015年度は、安全管理のレベルアップを目的としたDAIKENグループ相互安全診断を、年1回、国内製造グループ会社7社11工場、海外3社3工場を対象に実施し、新たに外部による診断を取り入れ、設備、安全活動の運営、安全風土などのレベルを客観的に診断しました。

労働安全衛生管理体制

安全管理者連絡協議会の体制図

安全管理者連絡協議会の体制図

DAIKENグループの労働災害度数率※推移

2015年度の労働災害件数は14件発生しており、「ルールを守らない」、「ルールを設けていない」等のヒューマンエラーによる災害が多くを占めています。これを踏まえ、外部診断先による「安全文化について」のセミナー等を開催し、改めて意識付けを図っています。

労働災害度数率の推移

労働災害度数率の推移

※度数率:100万労働時間あたりの休業災害者を表したものです。(対象:国内7社11工場)

現場力の向上をテーマに、相互安全診断を実施

「安全は全てにおいて優先させる」を原則に、労働災害のない安全な職場環境の維持・向上に取り組んでいます。生産拠点でのレベルアップを目指し、DAIKENグループ相互安全診断を国内4工場、製造グループ会社7社、海外3社を対象に毎年実施しています。
2016年度はルール遵守の徹底と現場力の向上を重点課題として実施。現場リーダーである係長、班長、組長クラスを安全診断に参加させ、ルール遵守の体質づくりに注力しました。
今後も現場の課題に則したテーマに沿って安全診断を継続して実施し、安全な職場の実現を目指していきます。

安全診断の様子

安全診断の様子

メンタルヘルスケア

従業員が長期にわたって健康に仕事を続けられるよう支援しています。DAIKENグループでは、メンタルヘルス研修を定期的に行うなど、組織的に従業員の健康保持と増進を図るとともに、職務に就くことが難しくなった従業員に対するケアや再発防止に努めています。

メンタルヘルスケア対応フロー

メンタルヘルスケア対応フロー