MENU

社会「従業員とともに:次世代を担う人財の育成」

従業員一人ひとりが健やかに、いきいきと充実して働ける職場環境づくりを目指して、さまざまな施策の充実に努めています。

公正、快適な職場環境づくり

人事制度の基本的な考え方

DAIKENグループでは、社員の保有能力や知識・経験を尊重しつつ、その能力・知識・経験を行動レベルで活用・発揮し、目標や成果にいかに結びつけたかを重視する人事制度を採用しています。

人財育成

業務に必要な知識および技能を計画的に教育し、企業目的を達成するために必要とされる力量(知識、技能、企画力、判断力等)を持つ企業人を育成するため、職場内教育(OJT)、職場外教育(OFF・JT)、自己啓発、e-ラーニング、キャリア開発等の必要な施策を行っています。

主な研修体系

主な研修体系

能力開発のための人財教育

DAIKENグループでは、派遣・契約社員を問わず入社後に研修を実施し、6S、ビジネスマナーなど社会人としての基本知識やマナーを身に付けられるようにしています。正社員に関しては、入社後定期的にフォロー研修を行って成長をサポートするとともに、語学研修を設けグローバルな人財の育成に力を入れています。
また、階層別研修、マネジメント研修、営業研修、製造研修等、あらゆる階層・職能に対して教育・研修の場を設け、社員の能力開発に力を入れています。

経営幹部の育成

「経営幹部育成塾」などの選抜研修を通じて、部門のリーダーや将来の経営層となる候補者の育成を行っています。また、新任の役員・部門長に対して、職務遂行上必要となる知識の習得を目的とした研修を行っています。

自己啓発支援

社員各自の業務内容や自己啓発ニーズに合わせたスキルアップを促進するため、通信教育講座を年2回開講し、社員が自主的に学習できる環境整備を行っています。また、希望者を対象に外部のビジネススクールに派遣し、ビジネススキルや経営スキルを学ぶための支援を行っています。

スキルアップサポート(博士号取得支援)

社員として勤務している研究者や技術者が、勤務しながら博士論文を作成できるようにする「大学院博士課程社会人特別選抜入試制度」を利用して博士号を取得するための制度を設けています。